編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SAP、連結決算支援でIFRS対応スターターキット提供 - (page 3)

田中好伸(編集部)

2010-06-14 15:48

日本で普及していないシェアードサービス

 プロジェクトは3年という長期にわたるものだったが、桐井氏は同社グループの着目すべき点として「グローバルで統一すべき部分とローカルで残すべき部分を分けた」ことにあると説明する。生産や購買、財務レポートなどはビジネスプロセスも含めてグローバルで統一しているが、そのほかの部分で拠点ごとに立てられた良策は、ローカルルールとして残したとしている。

 そうしたグローバルシングルインスタンスで統一したサムスン電子は、マスタデータの整備コストを50%削減し、レガシーシステムのインターフェース部分を50%削減することに成功したという。「グローバルシングルインスタンスという形態を取ることで、ITガバナンスの中央集権化にも成功している」(桐井氏)という。

桐井健之氏 IFRS支援室室長の桐井健之氏は、SAPジャパンのバイスプレジデントであり、ビジネスユーザー&プラットフォーム事業本部副本部長を務めている

 グローバルシングルインスタンスの形態でERPを稼働させているサムスン電子の場合、IFRS対応でも1カ所のシステムを修正するだけですんでいる。サムスン電子の事例について桐井氏は、グローバルシングルインスタンスのメリットのひとつとして“リアルタイム性”を挙げている。財務レポートのプロセスも標準化されていることで、常に世界のどの拠点からもビジネスがどのように動いているかリアルタイムで把握できるからだ。「財務レポートの“速報版”が存在せずに、すべてがリアルタイムで分かる」(桐井氏)というのもグローバルシングルインスタンスの強みでもあるようだ。

 ERPのグローバルシングルインスタンスの流れの延長線上にあるのが、グループ各社の財務経理の業務を1社に集約する「財務経理のシェアードサービス化」だ。しかし桐井氏は、「財務や経理の業務が標準化されていない」ため、「日本ではあまり普及していない」と説明する。本来、財務や経理といったバックオフィス業務はシェアードサービス化で集約できるはずなのだが、日本企業の場合、標準化されずにグループ各社で個別に行われているのが実情だ。桐井氏は、そうした観点からもERPのグローバルシングルインスタンスのメリットを強調している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]