編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

SAP、IFRS推進室を設立--全社取り組みで窓口を一本化、SAP製品の導入促す

冨田秀継(編集部)

2009-09-15 11:29

 SAPジャパンは9月15日、国際財務報告基準(IFRS)への対応を支援する「IFRS支援室」を設立したことを発表した。顧客に具体的なソリューションを提供するために設置された組織で、全社を横断する組織として窓口を一本化し、IFRS対応を進める顧客にSAPソリューションの導入を促す。

 2014年〜2015年に強制適用が見込まれているIFRSへの対応は、財務のみならず経営の課題であるという認識が強まっている。

 SAPジャパンではIFRS推進室を設置することで顧客との窓口を一本化、顧客対応を迅速化したい考え。社内体制としては、営業、マーケティング、パートナー、サービス、開発などの全部門にまたがる組織として運営され、各部門から社員約15名がコアメンバーとして参加、活動するという。

 SAPのIFRS関連製品としては、財務ソリューション「SAP ERP Financials」や、連結会計のためのアプリケーション「SAP BusinessObjects Financial Consolidation」などがある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]