編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

2009年度の国内メール誤送信防止市場は前年比20.7%増--ITR調査

富永恭子(ロビンソン)

2010-06-23 15:50

 アイ・ティ・アール(ITR)は6月23日、国内メール誤送信防止市場の調査結果を発表した。今回の調査では、同市場を含む5つの市場を対象に国内41社のベンダー製品を調査した。

 ITRによれば、国内メール誤送信防止市場の2009年度の出荷金額は、3億5000万円と市場規模自体はまだ小さいものの、前年比20.7%増と大きな伸びを示しているという。同市場への注目度は高まっており、2010年度は同約49%増とさらに大きく拡大するとITRは予測している。

 2009年度の製品別では、国内メール誤送信防止市場の草分け的存在であるNTTソフトウェアの「CipherCraft/Mail」のシェアが48.6%と、他を大きく離しトップに位置した。一方で、ポピュラーソフトや富士通ソーシアルサイエンスラボラトリなど参入ベンダーが増えており、2010年度以降、シェア争いは激化しつつあるとITRではみている。

 ITRのシニア・アナリストである甲元宏明氏は、「メールの誤送信は、いつでも発生しうる問題だ。メールアドレスを一字打ち間違えただけで全く異なる企業や組織にメールが届く可能性もあり、この問題は長らくメールのセキュリティ上の課題とされてきた。その解決に向けて登場したメール誤送信防止製品は、まだ認知度が低いものの、今後市場の拡大が期待される分野だといえる。ただし、これらの製品も、Google Gmailのようなセキュリティ機能を包含したクラウドベースの電子メールサービスと常に比較されていくことになるだろう」とコメントしている。

ITR 出典:ITR「ITR Market View:メッセージング・セキュリティ市場2010」
※ 出荷金額はベンダー出荷のライセンス売上のみを対象とし、3月期ベースで換算

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]