編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

Firefox 4 beta 1レビュー:WebM対応、ローカルストレージ強化が目玉 - (page 4)

杉山貴章(オングス)

2010-07-09 16:15

ブラウザで3Dグラフィックスを表示するWebGL

 WebGLはウェブブラウザ上で3Dグラフィックスを表示するための仕様である。HTML5のcanvas要素と組み合わせて利用し、canvas上にOpenGL 2.0またはOpenGL ES 2.0による3Dオブジェクトを描画できるようにするというものだ。Firefox 4 beta 1では、オプションながらこのWebGLがサポートされるようになった。

 WebGL機能はデフォルトではオフになっているため、有効にするには設定を変更しなければならない。ロケーションバーに「about:config」と入力し、プロパティ一覧の中から「webgl.enabled_for_all_sites」を探す。このプロパティの値を図5.1のように「true」にすることによって、全てのサイトを対象としてWebGLが有効になる。

WebGLはデフォルトでは無効になっているので、使用するには設定を変える必要がある 図5.1 WebGLはデフォルトでは無効になっているので、使用するには設定を変える必要がある

 図5.2はこのサンプルページを表示してみた様子だ。

WebGLで3Dグラフィックスを表示 図5.2 WebGLで3Dグラフィックスを表示

 グラフィックス関連では、その他にもハードウェアアクセラレートのサポートによる描画パフォーマンスの向上などが実現されている。また、今後はSVGアニメーションなどもサポートされる予定となっている。

JaegerMonkeyは非搭載、パフォーマンスは改善途上

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]