編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立情報、個別受注生産に特化した製造業向け基幹業務パッケージをSaaSで提供

ZDNet Japan Staff

2010-07-29 17:11

 日立情報システムズ(日立情報)は7月29日、製造業・卸売業向け基幹業務パッケージ「TENSUITE(テンスイート)」の特定業種・業態向けモデル「TENSUITE Sシリーズ」をSaaSとして提供すると発表した。第1弾として、個別受注生産に特化したモデルを8月1日から提供開始する。

 TENSUITEは、業務の効率化やビジネスプロセス再編などを支援する製造業・卸売業向け基幹業務パッケージ。2009年10月には特定の業種・業態向けに機能を特化させた低価格なTENSUITE Sシリーズを発表しており、その第1弾として個別受注生産モデルを販売開始している。

 今回提供されるSaaS版は、「サーバ機器の運用要員が確保できない」「サーバのデータバックアップやセキュリティ対策を強化したい」「手間をかけずすぐに使用したい」というユーザーの要望に応えるものという。

 同サービスは、日立情報のデータセンターで運用管理するサーバ内に構築した仮想PC環境に、TENSUITE Sシリーズの個別受注生産モデルをセッティングし、ユーザーは常にネットワーク経由でパッケージを利用するサービス形態となる。これにより、製造業のユーザーはインターネットに接続できる環境とPCさえあれば、申し込みから最短3日で基幹業務システムを利用できるという。また、OSやアプリケーションへのパッチ適用やウィルス対策などは日立情報が行うため、ユーザーはサーバの運用管理やセキュリティ対策などの負担がなくなり、本来の業務に専念できるとしている。

 利用料金は月額となっており、1ユーザーの場合、3万8850円より。2ユーザーの場合、4万6200円より。同社では、TENSUITE SシリーズのSaaS版について、ビジネスクラウドサービス「BusinessStage」のひとつとしてラインアップを順次拡大していく予定。今後、「繰返し生産モデル」「ファブレス生産モデル」等を追加し、今後3年間で100社以上へのサービス提供を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]