編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立情報とSSJ が住友林業に「SuperStream」を導入

富永恭子(ロビンソン)

2010-06-30 18:05

 日立情報システムズ(日立情報)とキヤノンマーケティングジャパンのIT グループ、エス・エス・ジェイ(SSJ)は6月29日、住友林業に標準会計システムとしてSSJの会計パッケージ「SuperStream」を導入したことを発表した。さらに、同社グループ28社へのSuperStream導入展開を進めているという。

 住友林業は、会計制度改定への迅速な対応と将来の国際財務報告基準(IFRS)への対応、運用コストの削減を目指し、グループの標準会計システムとしてSuperStream を採用、導入した。導入製品は、基幹会計システム「SuperStream-CORE」、支払管理システム「SuperStream-AP+」、債権管理システム「SuperStream-AR+」、固定資産・リース資産管理システム「SuperStream-FA+」、手形管理システム「SuperStream-PN+」、分散入力システム「SuperStream-field」の6製品。

 住友林業では今回、グループ28社が利用する標準会計システムの選定にあたり、海外製や国産を含め複数の製品を検討。サポート体制や企業グループへの展開実績、財務会計機能の充実と高い操作性、経営指標などの充実した分析機能、導入実績とノウハウなどを評価し、SuperStreamの導入を決定したという。

 設計と構築を担当した日立情報は、SSJと連携してインフォテリアのデータ移行ツール「ASTERIA」や、アイ・ティ・エルの予実管理パッケージ「BzPLAN」など、SuperStreamとの連携で多数の実績を持つパッケージを採用し、システム全体の最適化を図ったという。

 住友林業では、SuperStreamの導入により、会計制度の頻繁な改定への対応をパッケージ標準で受けることができるほか、対応の迅速化と業務の効率化を実現。特に、今後必須となるIFRSへの対応については、SSJが提供するIFRSコンバージェンス対応機能の利用により、システムのカスタマイズやアドオンが不要になり、大幅なコスト削減を可能にしたとしている。

 住友林業では、本年度中に同社グループ28社へのSuperStream導入を目指している。日立情報では、導入支援や保守サポート等を通じて、その展開を支援。また、SSJは業務パッケージベンダーとして、タイムリーな制度改正への対応や機能の強化、保守サポートなどの面で対応していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]