編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立、グループ各社によるIFRS対応支援コンソーシアムを発足し事業強化

ZDNet Japan Staff

2010-02-17 13:28

 日立製作所(日立)は2月17日、国際財務報告基準(IFRS)の迅速な導入支援を目的に、IFRSに関するソリューション事業を強化すると発表した。事業強化にあたり、業務改革やシステム構築支援に実績のある日立グループ各社と共同で、技術、ノウハウ、人材を結集した「日立IFRSソリューションコンソーシアム」を3月1日に設立する。同コンソーシアムは、当初100名で立ち上げ、2011年度中に200名規模の体制とする計画という。

 IFRSは、IASB(国際会計基準審議会)が国際的な統一化を進めている会計基準。日本においても2015年の強制適用が予想され、任意適用が可能となる2010年以降、上場企業を中心に対応検討が本格化すると予測されている。

 しかし、日本でのIFRS導入は、日本基準の会計、税務に関わる業務上の問題や現行システムの対応が必須であり、またIFRSの制度変更にも随時、対応することが必要となる。一方で、IFRS導入は、連結グループ会社内の業務の共通化、標準化により、経営効率向上、業務コスト削減等の効果も期待できるという。

 日立は2010年1月から「日立IFRS導入支援ソリューション」を提供しているが、今後、各企業によるIFRS対応の本格化することが予想できることから、日立コンサルティング、日立システムアンドサービス、日立情報システムズ、日立ソフトウェアエンジニアリング、日立電子サービス、ビジネスブレイン太田昭和の6社と共同で、日立IFRSソリューションコンソーシアムを発足することを決定したという。

 同コンソーシアムは、会計分野でのシステム構築の経験が豊かで、プロジェクトマネジメント力、業務ノウハウを持つIFRS導入支援エキスパート100名(コンサルタントおよび営業40名、SE60名)から構成される。コンソーシアムでは、IFRSの導入を検討する企業が初期段階で直面する主要課題である「人材育成」「既存システムへの影響」「システム改修に伴うコストイメージ把握の難しさ」といった不安を解消する「IFRS対応エントリーサービス」の提供をはじめとして、上流から下流までワンストップのIFRS導入支援、短期間でIFRS導入が可能となるシステム連携ツールの開発、各社統合業務パッケージへの対応、金融機関向けのソリューションの提供といった取り組みを進めていくという。

日立IFRSソリューションコンソーシアムが提供するサービスおよびソリューションの概要 日立IFRSソリューションコンソーシアムが提供するサービスおよびソリューションの概要(出典:日立製作所)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]