クラウドコンピューティングのAPI--標準策定が時期尚早である理由 - (page 2)

文:James Urquhart(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-08-26 07:00

 筆者は1年ほど前から、AmazonのAPIは「デファクトスタンダード」であるという宣言を耳にしてきた。最初にそう聞いたのはSimon Wardley氏(当時はLinuxベンダーのCanonicalに在籍)からで、その後はEnomalyの最高技術責任者(CTO)でクラウドブロガーのReuven Cohen氏などからも耳にした。

 ユーザー数で測るならAWSの「Elastic Compute Cloud(EC2)」と「Simple Storage Service(S3)」のAPIが今日の市場を牽引するIaaSだという意見には賛成だ。だが、そのような地位にあることと長期的な標準になることは必ずしも同じではないという点については、Ruben氏に同意する。それには以下の3つの理由がある。

  1. AmazonのAPIが定義するクラウド機能セットは1つしかない。Amazonのものだけだ。確かにAmazonはクラウドサーバとストレージサービスの分野で大きくリードしている。また、その機能をサポートする極めて強力なエコシステムを有しているのも事実だ。しかし、EC2は実際には厳格に定義されたサーバおよびネットワークアーキテクチャで、分散型アプリケーションアーキテクチャとインフラストラクチャ構成における革新の余地はほとんどない。

     もし開発者コミュニティーがこのアーキテクチャの使用に伴うパフォーマンス、可用性、セキュリティの問題をすべて克服する方法を見つけられるのなら、それは大した問題ではない。しかし、エンタープライズインフラストラクチャアーキテクチャが現在の状態に進化してきた過程には、それなりの理由がある。そして多くの人々が、Amazonのアーキテクチャの欠点によってさまざまなアプリケーションの有効性が制限されてしまうと考えている。

     実際のところ、Amazon EC2が一部のユーザーを悩ませている1つの分野は、I/Oパフォーマンスに関するものだ。ネットワークアクセスとストレージアクセスの両方に予期せぬ遅延が発生することが分かっている。ある有名なオープンソースデータベースの主要開発者の1人は、筆者に対し、この問題のために一部のクライアントをほかのクラウド環境へ移行させることを検討したと話してくれた。

     ストレージの場合も同様で、ユーザーに提供されるのは、Amazonがそのユーザー向けに有効化した基本的な機能セットだ。もちろん、ユーザーはどんなデータベースでもEC2に追加できるが、その場合は「標準」のAmazon APIを使用しないということになる。それが狙いなのかどうかはよく分からない。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]