九州大学、サイボウズの大規模向けグループウェアを2000名規模で導入

ZDNet Japan Staff

2010-08-24 15:15

 サイボウズは8月24日、九州大学が同社の大規模向けグループウェア「サイボウズガルーン2」(ガルーン2)を導入し、2000人規模で本格稼動を開始したと発表した。

 九州大学では、1999年に初めてグループウェアを導入し、約300アカウントで運用を開始したという。2004年には、1人1台のPC導入に合わせてシステムのリプレースを実施。その際、新たなグループウェアを導入したが、ユーザビリティの低さや管理コストの高さといった課題があったという。同大学では、既存システムのリース期限に合わせて、システム見直しの検討を開始し、「ユーザーと管理者にとって使いやすいこと」「1システムで充実した機能があること」「保守・運用が安定しており、不具合対応も迅速であること」を要件として比較検討した結果、2010年3月にガルーン2の導入を決定したという。

 新たに導入したガルーン2は、九州大学が推進する全学共通認証基盤に対応し、複数のシステムをシングルサインオンでつないで利用されている。システム間のスムーズな連携により、学内業務の安全性と効率性の向上や、複数拠点のキャンパスでの運用による業務連携を実現しているという。また、他のシステムと合わせてガルーン2を仮想環境上に構築することにより、ハードウェアや運用管理コストの削減につながっているという。そのほか、連携APIの活用により、人事システム情報のマスタデータを定期的に取り込むことができるようになったため、新規採用や人事異動時に自動的にユーザー情報が変更される仕組みができ、運用、メンテナンスコストの低下を実現できたとしている。

 今後、九州大学では、学外アクセスの仕組みを充実させるとともに、事務職員だけではなく教員による活用も視野に入れているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]