EMCジャパン、ノンコーディングで動的アプリケーションが構築できる「Documentum xCP」を発売

富永恭子(ロビンソン)

2010-08-25 20:00

 EMCジャパンは8月25日、動的なアプリケーション構築を実現するプラットフォーム「Documentum xCelerated Composition Platform (Documentum xCP)」の販売を開始すると発表した。

 Documentum xCPは、コンテンツ管理プラットフォーム「Documentum」ファミリーの製品で、業務プロセスとコンテンツ管理を関連付けた「ケース・マネジメント」実現のためのソリューションとして、「EMC Documentum Platform Bundle」「EMC Documentum xCP User Bundle」「EMC Documentum xCP Designer Bundle」から構成される。

 システムインテグレーター、ソフトウェアベンダー、企業のIT部門は、Documentum xCPを利用することで、低コストかつ少ないリソースでアプリケーションを構築できる。また、アプリケーションの構築期間を従来比で最大で50%短縮できるという。さらに、このプラットフォームで構築するアプリケーションは、稼働後の変更や保守も容易なため、大幅なTCO(総所有コスト)削減にもつながるとしている。

 Documentum xCPには、コンテンツ管理、ビジネスプロセス管理、スキャンした文書の特徴を判別しプロセスを起動するインテリジェントキャプチャ、コラボレーション、コンプライアンスなどの各種テクノロジが統合されている。また、開発および実装ツールも搭載されており、プログラミングすることなく、設定を行うだけでアプリケーション作成が可能だ。さらに、助成金申請管理等のサンプルアプリケーションや、テンプレートも提供している。販売価格は、1ユーザー・1デザイナーの場合、79万912円からとなる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]