編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

「富士通マーケティング」が事業方針説明--中堅民需市場で5年後に15%シェア目指す

大河原克行

2010-09-29 20:57

 富士通ビジネスシステム(FJB)は、富士通の中堅民需市場向け事業を統合するとともに、10月1日付けで社名を「株式会社富士通マーケティング」(略称:FJM)に変更する。これに伴い9月29日、同社の社長に就任(FJBより継続)する古川章氏が新会社の事業方針について明らかにした。

古川章氏 富士通マーケティングの代表取締役社長に就任する古川章氏(現富士通ビジネスシステム社長)

 古川氏は、「(FJMを)富士通グループの中堅民需市場向けのヘッドクォーターと位置づける。現在、富士通グループ全体における中堅民需市場での売上高は1390億円、市場シェアは10%。これを2015年度には2000億円に拡大し、シェア15%の獲得を狙う」とした。FJMでは、FJBの既存の大手民需、官公庁、自治体向け直販ビジネスなどを加え、2015年度には、3000億円の売上高を目指すという。

 FJMでは、富士通の民需ビジネス推進室における東名阪地区のパートナー支援部隊を統合。これを順次全国規模に拡大し、中堅民需市場の戦略、ビジネスの企画、およびパートナー支援機能をFJMに一元化する。FJMにおけるパートナー販売比率は、2015年度には50%程度にまで引き上げる計画だという。

水野太郎氏 富士通マーケティング、執行役員常務の水野太郎氏

 また、富士通の中堅市場向けソリューション「GLOVIA smart」の企画・開発機能を統合し、富士通から150人を異動させたほか、FJBの既存の開発部門との連携で270人体制での商品事業組織を設置。業種・業務パッケージ商品やサービスの強化を図る。

 10月には、新たな製品として「GLOVIA smart会計 きらら」の販売も開始する。「来年には人事、給与を出荷する予定。毎年、必ず新製品を投入したいと考えている。今後3年間で1万社の販売を目指す」(富士通マーケティング、執行役員常務の水野太郎氏)とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]