編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

国内モバイルデバイス市場が拡大、iPad、スマートフォン、3Gルータがけん引--IDC調査

富永恭子(ロビンソン)

2010-09-29 21:26

 IDC Japanは9月29日、国内モバイルデバイス市場の2010年第2四半期(4〜6月)の実績を発表した。これによると、同期の国内モバイルデバイス市場は、対前年同期比23.1%増の2911億円となっている。

 IDCの定義によれば、モバイルデバイス市場とは、各情報携帯端末と、それをサポートする通信機器のハードウェア市場とされる。代表される製品には、スマートフォン、モバイル通信カード、3Gパーソナルルータ、メディアタブレット(iPadを含むタッチスクリーンのタブレット型情報通信端末)、ポータブルPCがある。

 IDC JapanのPC、携帯電話&クライアントソリューション シニアアナリストである木村融人氏は、同市場の今後の見通しについて「2010年のモバイルデバイス市場は、スマートフォン、3Gパーソナルルータ、メディアタブレットがけん引し、1兆2800億円の規模まで市場が拡大する勢いがある。今後もモバイルデバイス市場は拡大基調が続くが、ノートPC分野でマイナス成長を見込んでいるため、成長率は徐々に鈍化し、2014年は1兆4440億円規模になると予測される」とコメントしている。

 IDCでは、2010年第2四半期の国内モバイルデバイス市場が、20%を超えるプラス成長となった要因として、アップルの「iPad」により、「メディアタブレット市場が急速な立ち上がり」を見せ始めたこと、また「スマートフォン市場の急拡大」とともにPocket WiFiに代表される「3Gパーソナルルータ需要の拡大」の3つを挙げている。

 メディアタブレットに関しては、2010年第2四半期に市場投入されたiPadの効果が大きく、同四半期では50億円以上にまで急拡大している。スマートフォンに関しては、ソフトバンク向け「iPhone」に加え、ドコモ向け「Xperia」等の端末販売が好調で、市場規模は450億円レベルにまで拡大しているという。2009年後半からイー・モバイルやソフトバンクが積極的に販売しているPocket WiFiに代表される3Gパーソナルルータの需要も拡大基調にあり、20億円規模に達しているとIDCでは説明している。

 複数のモバイルデバイスが順調に拡大する一方で、2009年に躍進を見せたモバイル通信カード、ミニノートブックPC市場はマイナス成長となっている。この要因としてIDCは、「先進ユーザー向けの市場が一巡」したこと、Pocket WiFiが市場投入されたことで、100円PCの魅力が薄れ「ユーザーの注目度・関心度が大幅に低下」していることが挙げられるとしている。

2010〜2014年、国内モバイルデバイス市場規模予測 2010〜2014年、国内モバイルデバイス市場規模予測(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]