編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「マイクロソフトは戦う前から負けている」--セールスフォースCMO、SharePointを非難

藤本京子(編集部)

2010-10-18 13:36

 創業当初から「No Software」というスローガンを打ち出し、ソフトウェア業界の巨人Microsoftを敵対視していたSalesforce.com。クラウドプラットフォームであるForce.comは、クラウド上でのアプリケーション開発を可能にし、ソフトウェアの世界でMicrosoftが実現していたことがクラウド上でも実現できると示したサービスでもある。

 こうして常にMicrosoftをライバルとして意識していたSalesforce.comだが、急成長を遂げたSalesforce.comにとってMicrosoftはいまどのような存在なのか。そしてSalesforce.comは今後どのように発展していくのか。Salesforce.com 最高マーケティング責任者(CMO)のKendall Collins氏に聞いた。

Collins氏 Salesforce.comのCMO、Kendall Collins氏

--CEOのMarc Benioff氏は、常にMicrosoftをライバル視した発言を繰り返していたが、いまでもSalesforce.comはMicrosoftを一番の競合と考えているのか。また、Salesforce.comがMicrosoftより勝っているのはどのような点か。

 Salesforce.comはいまでも「No Software」を主張している。つまり、ユーザーがソフトウェアを所有する必要はないと考えているため、世界一のソフトウェア企業であるMicrosoftとの戦いは今も続いている。

 われわれのビジネスは、セールスクラウド、サービスクラウド、データクラウド、コラボレーション、そしてForce.comによるクラウド上での開発環境の提供だ。これらすべての分野でMicrosoftを上回っている。セールスクラウドとサービスクラウド分野については、GartnerがSalesforce.comをリーダーと位置づけている。データクラウドに関しては、現時点でMicrosoftは提供しておらず、われわれの顧客でさえある。

 Force.comとWindows Azureを比べてもForce.comが優勢なのは明らかだ。Force.comは、サービスプラットフォームとして一番成功しているとGartnerが認めているだけでなく、すでに10万以上のアプリケーションが開発されているという事実もあり、ユーザーからも認められているのだ。

 コラボレーション分野では、Salesforce ChatterでSharePointのずっと先を行くサービスを開始した。Stratus TechnologiesがSharePointからChatterに移行したという事例があるが、このようなケースはもっと増えるだろう。

 SharePointはすでにさびれたテクノロジだ。いまやユーザーはコラボレーションに別のレベルを求めている。Microsoftは、SharePointをiPhone上で動かすことも考えていないのだ。ユーザーに一番人気のあるデバイス上で製品が動かないとなると、勝てるはずがない。彼らは自分たちのソフトウェアやハードウェアパートナーの型にはめられすぎている。ユーザーのニーズがどこにあるのか、ユーザーがどこに向かっているのかを見ていないのだ。これだけ多くの人がiPhoneを使っているのに、そのデバイス上で製品を動かそうと思わないなんて、彼らは戦う前から負けている。

(編集部注: iPhone上でSharePointを利用するためのサードパーティーアプリとしては、Spyk Softwareの「iShare」、リアルコムの「iPhoneアプリ for SharePoint」などが存在する。)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]