編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NTTデータグループ3社と日本オラクルがデータベースセキュリティ分野で協業

田中好伸(編集部)

2010-10-18 14:00

 NTTデータグループ3社と日本オラクルは10月18日、データベース(DB)セキュリティで協業し、NTTデータ・セキュリティが提供する「PCI DSSトータルサービス」のメニューとして「DBセキュリティアセスメントサービス」を11月1日から提供することを発表した。

 NTTデータ・セキュリティのほか、NTTデータ先端技術とNTTデータが協業に参加する。PCI DSSトータルサービスは、NTTデータ・セキュリティがクレジットカード情報を取り扱う企業向けに提供しているサービス。クレジットカード業界が策定したセキュリティ対策基準「PCI DSS」を中心にした、セキュリティ対策の質を向上させるためのものだ。

 11月1日から提供されるDBセキュリティアセスメントサービスはNTTデータ先端技術が提供する。同時にNTTデータ先端技術では、「データ暗号化」や「アクセス制御強化」などオラクルの製品を活用したソリューションの提案も行い、日本オラクルは製品提供と技術的な支援をNTTデータグループに対して提供する。

 DBセキュリティアセスメントサービスは、これまで情報保護の重要な役割を担いながら軽視されてきたDB自身のセキュリティ対策に踏み込み、課題を洗い出すことで、十分な対策が取れずにリスクを抱えていたDB管理者やDBサービス提供者の負担を軽減できるという。また、NTTデータグループが提供するクラウドサービス「BizXaaS」の運用管理サービスメニューにも組み入れて展開していく予定としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]