編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MacのJavaサポートは終了か?--Appleが“見切る”影響を考える

海上忍

2010-10-26 08:00

 AppleのJavaサポート終了を示唆する文書が波紋を呼んでいる。文書では「非推奨になった」と控えめな表現が用いられてはいるが、これまで同社がMac OS Xに対し実施してきたことを考慮すると、終了が既定路線と考えるほうが妥当だ。

 ここでは、Appleがこれまでにサポートを打ち切ってきた技術を振り返りつつ、Javaランタイムがなくなることの影響について検討してみたい。

事実上のJavaサポート終了宣言とその影響

 事の発端は、Appleが米国時間の10月20日に公開した「Java for Mac OS X 10.6 Update 3」にさかのぼる。ソフトウェア・アップデートの画面上には表示されないものの、あわせて公開された開発者向けリリースノートの2ページ目冒頭には、以下の文が記載されている。解釈にもよるが、これは事実上AppleのMac OS Xにおける「Java決別宣言」だ。

 Java for Mac OS X 10.6 Update 3のリリースに伴い、Appleが移植しMac OS XにバンドルしているJavaランタイムは非推奨(deprecated)となった。開発者は、今後Mac OS Xとともに提供されるApple版Javaランタイムに依存すべきではない。

画像説明 「Java for Mac OS X 10.6 Update 3」のリリースにあわせ、Apple製Javaランタイムが非推奨となる発表が行われた ※クリックで拡大画像を表示

 Apple謹製のJavaランタイムが同梱されなくなることは、Mac OS Xにおいて何を意味するか?

Macユーザーの多くが影響を受けない理由

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]