編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

次世代のCIOは「収益をもたらす」--注目すべき7つの重要テーマ - (page 2)

冨田秀継(編集部)

2010-10-26 00:34

収益をもたらすCIOが注目すべき7つの重要テーマ

 Kutnick氏は、Gartnerの顧客が今後3年間にわたって注目する7つの重要なテーマを挙げ、これらを売上に貢献するものと、コスト削減に貢献するものに分けて解説した。

1. コンテキスト・アウェア・コンピューティング(売上に貢献)

 「コンテキスト・アウェア・コンピューティング」とは、“コンテキスト”、つまりユーザーがどのデバイスを使っているか、何を検索して、どんな情報をほしがっているかなど、文脈をしっかり把握した上で提供されるサービスやソフトウェアの有り様だ。

 「コンテキストがすべてを変える」というKutnick氏は、ユーザーがどこにいて何をしているかが分かれば、企業は先手を打ってサービスや商品を提案できると説明する。ただし、こうしたサービスを実現するためにはプライバシーに対する影響を十分考慮する必要もあると強調した。

 コンテキスト・アウェア・コンピューティングを技術的な側面から見ると、それは「モデルに基づいた活動」(Kutnick氏)となる。

 「証券取引所では、トレーダー(人)が売買するのではなく、コンピューターがモデルに従って売買している。広告も同様に、モデルに従って表示されるようになるだろう」(Kutnick氏)

 ユーザーの文脈に沿ってさまざまなサービスが提供される――そうなると「メッセージの質と内容のシフトが起こる」(Kutnick氏)ことになるだろう。

2. ITの新たな現実(売上に貢献)

 ITの新たな現実とは、先にも述べた収益をもたらすCIO、売上に貢献するIT部門が求められているという現実のことだ。IT予算の制約が年々厳しくなるなかでも、あるいは“だからこそ”「ITは企業の成長に寄与していかなければならない」とKutnick氏は強調している。

3. パターンベースの戦略(売上に貢献)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]