編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、AuroraとSBS 7の名称とリリース予定を明らかに

文:Simon Bisson(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部

2010-11-04 08:33

 Microsoftは、「Windows Small Business Server」(SBS) の次世代版について、名称などの詳細を明らかにした。

 同社は米国時間11月2日、これまで「Windows Small Business Server “7”」として知られていた「Windows Small Business Server 2011 Standard」と、これまで開発コード名「Aurora」と呼ばれていた「Windows Small Business Server 2011 Essentials」をブログ投稿で発表した。このアップデートされたサーバスイートのStandard Editionの方は2010年12月、Essentialsの方は2011年前半にリリースする予定だとMicrosoftは述べた。

 MicrosoftのWindows Server担当シニア製品マネージャーを務めるMichael Leworthy氏は電話会議で、SBS 2011 Standardはこれまでのエディションから「効果的に刷新されている」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]