IPv6アドレスについて知っておくべき10のこと - (page 2)

文:Brien Posey 翻訳校正:石橋啓一郎 2010年12月01日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5.ループバックアドレスは、アドレスのようにさえ見えない

 IPv4では、「ループバックアドレス」と呼ばれるアドレスは、ローカルマシン自身を指すものとなっている。IPv4が利用できるデバイスでは、ループバックアドレスは必ず127.0.0.1だ。

 IPv4と同じように、IPv6にも決まったループバックアドレスがある。

0000:0000:0000:0000:0000:0000:0000:0001

 ところが、すべてのゼロが省略されると、IPv6のループバックアドレスは正しいアドレスには見えないようなものになってしまう。ループバックアドレスは、通常::1と表現される。

6.従来のサブネットマスクは必要としない

 IPv4では、すべてのIPアドレスには対応するサブネットマスクが付いてきた。IPv6でもサブネットは使うが、サブネットIDがアドレスの中に組み込まれている。

 IPv6アドレスでは、最初の48ビットがネットワークプレフィックスとなっている。次の16ビットがサブネットIDであり、サブネットの定義に使用される。残りの64ビットがインターフェース識別子だ(これは、インターフェースIDあるいはデバイスIDとも言われる)。

 必要なら、デバイスIDに使われているビットの一部をサブネットに使うことができる。しかし、16ビットのサブネットIDと64ビットのデバイスIDだけでも、6万5535のサブネットごとに、何百京ものデバイスを利用できるため、普通は必要はない。それでも、一部の組織はすでに16ビット以上のサブネットIDを使っている。

編集部注:実際には、さまざまな理由からこのルールは実情に合わなくなっており、48ビットより長いプレフィックスの割り当てが行われることが多い。現在、割り当てルール自体を48ビットから64ビットの間で自由に割り振れるように変更ることが検討されている。

7.DNSはIPv6でも通用する

 IPv4では、IPアドレスをホスト名と対応させるのに、ホストレコード(Aレコード)が使われていた。DNSはIPv6でも使われているが、IPv6ではホストレコード(Aレコード)は使われない。その代わり、IPv6ではAAAAリソースレコードを使う。また、ホスト名の逆引きには、ip6.arpaというドメインが使われている。

8.IPv6はIPv4ネットワークをトンネルで通過できる

 IPv6への移行にこれだけ長い時間がかかっている理由の1つに、IPv6は一般にIPv4のネットワークと互換性がないということがある。そのため多くの移行技術で、ネットワーク間の互換性の確保を容易にするため、トンネリングが使われている。そのような技術の例が、Teredoと6to4の2つだ。これらの技術は違う働きをするが、基本的なアイデアは、どちらもIPv6パケットをIPv4パケットの内側にカプセル化するというものだ。こうすれば、IPv6のトラフィックをIPv4ネットワーク上で流すことができる。ただし、トンネルの両端に、IPv6パケットのカプセル化と解除を行うエンドポイントが必要になる。

9.あなたはすでにIPv6を使っているかも知れない

 Windows Vista以降、MicrosoftはIPv6をデフォルトの状態でインストールし、有効にしている。WindowsのIPv6の実装は自動設定するようになっているため、使っているコンピュータが知らないうちにIPv6のトラフィックをブロードキャストしているというのもあり得ることだ。もちろん、だからといってIPv4を捨てられるというわけではない。すべてのスイッチやルータがIPv6をサポートしているわけではないし、一部のアプリケーションには、IPv4アドレスへの参照がハードコーディングされているかもしれない。

10.WindowsはIPv6を完全にはサポートしていない

 ある意味では皮肉なことだが、MicrosoftはIPv6への移行を強く推進しているにも関わらず、Windowsはユーザーの期待通りにIPv6をサポートしているとは言えない。例えばWindowsでは、UNC(Universal Naming Convention)の中にIPアドレスを含めることができる(例えば、\\127.0.0.1\C$)。ところが、Windowsはコロンがあった場合、ドライブ文字を参照していると仮定するので、IPv6アドレスは同じようには使えない。

 この問題を避けようと、MicrosoftはIPv6アドレスの翻訳のために、特別なドメインを用意した。IPv6アドレスをUNCの中で使いたければ、コロンをダッシュで置き換え、アドレスの最後に.ipv6-literal.netを付けなくてはならない。例えば、FE80-AB00--200D-617B.ipv6-literal.netのようになる。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。また、現在閲覧中の記事は、画面下部の「Meebo Bar」を通じてソーシャルメディアで共有できます。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算