編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

富士通の企業向けPCに「SAP Crystal Reports」試用版をバンドル--クラウド連携機能も

ZDNet Japan Staff

2011-01-25 15:31

 SAPジャパンは1月25日、SAPのBI(ビジネスインテリジェンス)製品「SAP Crystal Reports」を富士通の法人向けノートPCにプリインストールするためのOEM契約を富士通と締結したと発表した。PCバンドル用製品ライセンスのOEM供給は、SAPにとって世界で初めての協業形態になるという。

 富士通は、法人向けPC「LIFEBOOK」および「ESPRIMO」の全シリーズに、富士通PC用にカスタマイズされたSAP Crystal Reportsの試用版をプリインストールして出荷する。PCにバンドルされたCrystal Reportsは30日間の試用期間中、無償で全機能を利用できる。使用期間終了後は、製品ライセンスを購入することで継続して利用できる。アップグレードは、専用サイトにアクセスすることで申し込め、通常より20%安く提供されるという。

 レポーティングツールのSAP Crystal Reportsは、Microsoft Office Excel、Salesforce、ODBC、SOAP、SAP ERP等のデータソースに直接接続するAPIを搭載。データソースから引き出した情報からGUIを使って容易にレポートを作成できるとする。また、富士通のPCに標準搭載されるSAP Crystal Reports試用版には、富士通が運営しているクラウド型BIサービスであるSAP BusinessObjects BI OnDemandとの連携機能が追加されており、エンドユーザーはクラウド上のデータをPCで分析したり、PCで作成したレポートをクラウドにアップロードしたりといった連携を行えるという。

 今後、富士通のSAP BI OnDemandのサイトより、SAP Crystal Reportsのレポートテンプレートを提供する予定としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]