編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

日本HP、ユニファイドコミュニケーションサービス拡張--MSなど他社製品も統合

ZDNet Japan Staff

2011-02-07 15:25

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2月7日、音声通話、電子メール、インスタントメッセンジャー(IM)、音声・ビデオ会議など、通信、コミュニケーション手段をIP化して統合する「ユニファイドコミュニケーション&コラボレーション(UC&C)ソリューション」のポートフォリオを強化すると発表した。

 新サービスとして提供されるのは、PBX、IPテレフォニー、ネットワークの最適化を行う「UC&C Voice Transformation」、デスクトップ環境、ビデオコラボレーションの最適化を行う「UC&C Virtual Workplace」、ビジネスアプリケーションとの最適化を行う「UC&C Communications Enabled Solutions」の3つ。これらは、UC分野におけるHPとMicrosoft、Avaya、Polycom、Alcatel-Lucentとのグローバルでの協業をベースにしており、各ベンダーのUC製品を統合したソリューションを展開するという。提供開始日は、いずれも3月1日。

 各サービスとも、日本HPが従来から提供している戦略策定コンサルティングサービスである「Business Value Service」をはじめとするUC&Cソリューションに加え、Microsoftの「Lync」、AvayaのIPプラットフォーム「Avaya Aura」、マルチベンダー環境でUCを実現するソフトウェアプラットフォーム「Avaya Agile Communication Environment(ACE)」、Polycomのビジュアルコミュニケーションソリューション、Alcatel-Lucentの「Visual Communication」「Genesys」を最適な形で統合し、ユーザーのニーズに適合したサービスを提供。日本HPのコンサルタントおよびエンジニアが導入をサポートするとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]