編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

CTC、セルフサービスIaaS「cloudage CUVIC OnDemand」--ユーザー自らが設定

田中好伸(編集部)

2011-02-08 12:00

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2月7日、セルフサービス型の仮想ホスティングサービス「cloudage CUVIC OnDemand」の提供を開始したことを発表した。VMwareのクラウド管理ソフトウェア「vCloud Director」を採用して自社開発した。

 cloudage CUVIC OnDemandは、専用のポータルサイトからサーバやネットワークなどのITリソースを必要に応じて自由に増減できるIaaS。サーバ台数やリソース割り当ての変更、ファイアウォールやロードバランサなどのネットワーク設定の変更をユーザー企業が自ら操作できる。

 仮想マシンごとに時間従量と月額固定から選択でき、ユーザー企業にあった利用料で利用できるとしている。一番小さなタイプのS30はCPU1つ、メモリが1Gバイト、ハードディスク(HDD)が30Gバイトで時間従量で1時間15円、月額固定は8000円。一番大きなタイプのH300はCPU8つ、メモリが16Gバイト、HDDが300Gバイト、時間従量が1時間231円、月額固定が13万2000円(価格はいずれも税別)となっている。

 CTCは2013年3月末までに400社への提供を目指す。またプライベートクラウド環境を導入している企業向けに、オンプレミスで提供することも予定しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]