編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

イオンマーケ、モバイルサービスのICTインフラに富士通のクラウドを採用

富永恭子(ロビンソン)

2011-02-15 18:19

 イオンマーケティングは、2010年10月に開始した新サービス「イオンかざすクーポン」のICTインフラに富士通のクラウドサービス「オンデマンドホスティングサービス」を採用した。

 イオンマーケティングは、顧客個々人の嗜好やニーズ、購買、利用履歴などに合わせた付加価値を提供し、顧客と継続的な関係を構築する「One to Oneマーケティング」の展開を強化しているという。その一環として、今回、富士通のクラウドサービスであるオンデマンドホスティングサービスを活用し、2010年10月27日より、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県のジャスコなど47店舗において「イオンモバイルサービス」の新サービスとなる「かざすクーポンサービス」の運用を開始した。

 イオンかざすクーポンは、レジの専用端末におサイフケータイをかざすだけで割引クーポンなどを利用できるサービス。イオンのチラシや買い得品の情報、キャンペーン情報、さらにアバターやオリジナルゲームなども無料で楽しめる携帯サイトを提供する。

 同サービスのICTインフラにオンデマンドホスティングサービスを採用することで、ユーザーの利用状況や新サービスの展開に応じて、柔軟にインフラを増強することが可能になるという。これにより、利用者数や利用量の予測が難しい同サービスでも、あらかじめ、ピーク時を考慮したICTリソースを整備することなく、コストを抑えてタイムリーにスタートさせることが可能になるとしている。

 イオンマーケティングは今後、イオンかざすクーポンの利用状況を分析し、イオングループのサービスに顧客のニーズをきめ細かく取り込むことで、顧客一人ひとりのライフステージやライフスタイルに合わせたマーケティングの強化を図り、展開エリアを順次拡大して行く予定という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]