クラウドは本当に“売れる”のか--SaaSへの期待と現実のギャップ

岩上 由高 (ノークリサーチ) 2011年04月01日 09時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「SaaS」という言葉が登場してから数年が経過し、現在では多種多様なサービスが提供されている。

 情報処理システムの販売ないしは構築、運用に携わる販社やSIerとしては「SaaSは自社ビジネスの顧客対象を広げるためのツールになり得る」という期待もあれば、「従来型ソリューションに対する安価な代替手段として自社ビジネスに影響を及ぼす」といった懸念もあるだろう。

 その判断を下すためには、ユーザ企業がSaaSをどのように捉えており、どういった分野でSaaSの活用が期待できるのかを知っておく必要がある。

 そこで今回は2回に渡って、中堅中小企業におけるSaaS活用の実態を俯瞰しながら、「販社とSIerはSaaSを自社ビジネスにどう生かすべきなのか」について考えていくことにする。

ユーザー企業の目に映っているのは基幹系業務システムと情報共有システム

 次のグラフをご覧いただきたい。これは年商500億円未満の中堅中小企業に対し、「SaaSを活用する可能性が最も高い情報処理システム」を尋ねた結果である。

SaaSを活用する可能性が最も高い情報処理システム(出典:ノークリサーチ) SaaSを活用する可能性が最も高い情報処理システム(出典:ノークリサーチ)※クリックで拡大画像を表示

 情報共有システムと基幹系業務システムが突出して高くなっていることが分かる。これら2つのシステムは、中堅中小企業において導入率と利用率の高い上位2つと一致している。つまり、ユーザー企業はSaaSの適用対象を問われた時、身近で活用しているシステムを想起する傾向が強いことがわかる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算