編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウドは本当に“売れる”のか--SaaSへの期待と現実のギャップ

岩上 由高 (ノークリサーチ)

2011-04-01 09:00

 「SaaS」という言葉が登場してから数年が経過し、現在では多種多様なサービスが提供されている。

 情報処理システムの販売ないしは構築、運用に携わる販社やSIerとしては「SaaSは自社ビジネスの顧客対象を広げるためのツールになり得る」という期待もあれば、「従来型ソリューションに対する安価な代替手段として自社ビジネスに影響を及ぼす」といった懸念もあるだろう。

 その判断を下すためには、ユーザ企業がSaaSをどのように捉えており、どういった分野でSaaSの活用が期待できるのかを知っておく必要がある。

 そこで今回は2回に渡って、中堅中小企業におけるSaaS活用の実態を俯瞰しながら、「販社とSIerはSaaSを自社ビジネスにどう生かすべきなのか」について考えていくことにする。

ユーザー企業の目に映っているのは基幹系業務システムと情報共有システム

 次のグラフをご覧いただきたい。これは年商500億円未満の中堅中小企業に対し、「SaaSを活用する可能性が最も高い情報処理システム」を尋ねた結果である。

SaaSを活用する可能性が最も高い情報処理システム(出典:ノークリサーチ) SaaSを活用する可能性が最も高い情報処理システム(出典:ノークリサーチ)※クリックで拡大画像を表示

 情報共有システムと基幹系業務システムが突出して高くなっていることが分かる。これら2つのシステムは、中堅中小企業において導入率と利用率の高い上位2つと一致している。つまり、ユーザー企業はSaaSの適用対象を問われた時、身近で活用しているシステムを想起する傾向が強いことがわかる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]