編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

グラフ:スマホ市場ではAndroidがシェア躍進、iOSが販売倍増

冨田秀継 (編集部)

2011-05-20 14:22

 米リサーチ会社のGartnerが、2011年第1四半期の世界スマートフォン市場に関する調査結果を発表した。第1四半期(Q1)のスマートフォン販売台数は、1億台を超えたことが明らかになった。

 OS別販売シェアでは、Androidが躍進したものの、Windows PhoneとWindows Mobile擁するMicrosoft、Symbian、Research In Motionがシェアを落とした。ZDNet Japan編集部では、ガートナーの調査結果を独自にグラフ化。本稿では、スマートフォンOSの市場動向について、2010年Q1と2011年Q1を比較する。

スマートフォンのOS別販売シェア(2011年第1四半期)※クリックで拡大画像を表示 スマートフォンのOS別販売シェア(2011年第1四半期)※クリックで拡大画像を表示
スマートフォンのOS別販売シェア(2010年第1四半期)※クリックで拡大画像を表示 スマートフォンのOS別販売シェア(2010年第1四半期)※クリックで拡大画像を表示
スマートフォンのOS別販売シェア推移※クリックで拡大画像を表示 スマートフォンのOS別販売シェア推移※クリックで拡大画像を表示

 上のグラフは、スマートフォンのOS別販売台数シェアを示したもの。Androidは、9.6%から36.0%に躍進。一方Symbianは、44.2%から27.4%へとシェアを落とした。

 次のグラフは、スマートフォンのOS別販売台数だ。

スマートフォンのOS別販売台数(2011年第1四半期)※クリックで拡大画像を表示 スマートフォンのOS別販売台数(2011年第1四半期)※クリックで拡大画像を表示
スマートフォンのOS別販売台数(2010年第1四半期)※クリックで拡大画像を表示 スマートフォンのOS別販売台数(2010年第1四半期)※クリックで拡大画像を表示
スマートフォンのOS別販売台数の推移※クリックで拡大画像を表示 スマートフォンのOS別販売台数の推移※クリックで拡大画像を表示

 2010年Q1には522万6600台だったSymbianの販売台数は、1年後には2759万8500台まで落ち込んだ。販売台数ベースでは、iOSが835万9700台から1688万3200台へと倍増した。iOS搭載スマートフォンを販売するのは、メーカーであるAppleのみだ。そのほか、Androidが522万6600台から3626万7800台と、約7倍の成長を記録している。

 MicrosoftとNokiaの提携に代表されるように、スマートフォンの2011年Q1には大きな変化があった。別のリサーチ会社IDCでは、Microsoftのスマートフォン向けOSの成長と、Symbianプラットフォームの衰退を予測している。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。現在閲覧中の記事は、画面下部の「Meebo Bar」を通じてソーシャルメディアで共有できます。東日本大震災の情報は、特設サイト「ZDNet Japan after 3.11」にまとめています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]