編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

JT、プライベートクラウド構築--2014年までに100システム切り替え

田中好伸 (編集部)

2011-05-24 12:21

 日本たばこ産業(JT)は各業務部門に対してPaaS形式でITインフラ環境を利用量や信頼性のレベルに応じて従量課金のサービスとして提供するプライベートクラウド「インフラ共通基盤サービス」の運用を始めている。2014年までにおよそ100種類あるシステムをプライベートクラウドに切り替えていく。インフラ共通基盤サービスを構築した日立製作所(日立)が5月24日に発表した。

 各部門が個別に構築、運用していたJTの業務システムのハードウェア、ミドルウェアといったITインフラを、日立が仮想化技術で統合、集約してプライベートクラウドを構築している。利用ニーズにあわせて、期間やITリソース環境の利用量や信頼性のレベルを組み合わせたサービスメニューを複数用意し、ITインフラをサービスとして日立がJTに提供する。

 インフラ共通基盤サービスを活用することで、インフラ運用プロセスも標準化され、運用工数の削減も見込んでいる。運用と保守の一元管理でJTグループ全体でより一層のITリソース環境の最適化、運用管理にかかる負荷の低減、ITサービスレベルとITガバナンスの向上が見込まれるとしている。

図 インフラ共通基盤サービスの概要

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]