編集部からのお知らせ
新着:記事選集「エッジコンピューティング」
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」

NEC、三井住友銀行にプライベートクラウドサービスを提供

富永恭子(ロビンソン)

2011-02-23 16:53

 NECは2月23日、三井住友銀行に対し、プライベートクラウドサービスの提供を開始すると発表した。同サービスは、3月から三井住友銀行本部で試行を始め、2011年中には同行の全部門に利用を拡大していく予定だという。

 同サービスは、NECのブレードサーバ「Express5800 SIGMABLADE」やストレージ装置「iStorage」などのハードウェアをベースとしたクラウドサービス基盤を、三井住友銀行のデータセンター内に設置し、運用保守まで含めてサービスレベルを明確にしたサービスとして提供するもの。NECはOMCS(Open Mission Critical System)で培ったSI技術やノウハウを活用し、同基盤を用いてサーバ、ストレージ、ネットワークの仮想化環境や、一元化した運用環境を提供するとしている。

 三井住友銀行は、サーバCPUはコア単位課金、ミドルウェアはオプションサービスとして、IaaSおよびPaaSの利用を開始する。これにより、ニーズに応じて「使いたいときに使いたいだけサービスを利用する」ことができ、効率的なシステム利用が可能になるとしている。

 また同行は、交通費精算システムのSaaS利用も開始する。同サービスは、NECが自社で利用しているシステムをSaaSとして導入することで、初期投資を抑えつつ、短期間で高品質なサービス提供を実現するもの。同サービスの導入により、現在、行員が紙の資料で申請、承認を行っている交通費精算事務をウェブ上で行えるようになり、ペーパーレス化と業務効率化の推進を図れるという。

 同サービスの利用者は、今後、各種のシステムをこのクラウドサービスへ集約していくことで、システム管理業務にかかる負荷を軽減し、戦略業務へのリソースシフトが可能となるという。また、リードタイムを短縮したシステム導入により、ビジネスニーズへの迅速な対応も可能だとしている。今回、三井住友銀行では、同サービスを利用することで、当該業務システムを自社構築した場合と比べ、40%近くのコスト削減ができるものと見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]