立命館大、端末数4500台のシンクライアントシステム導入--大学では最大級

田中好伸 (編集部)

2011-07-14 15:38

 立命館大学は端末数4500台のシンクライアントシステムを導入した。大学としては最大規模という。構築したNECが7月14日に発表した。

 立命館大が導入したのは、ネットブート型のシンクライアントシステム。ネットブート型はOSやアプリケーションをサーバからロードして、端末側で実行する方式。アプリケーションや周辺機器の制約が少ないというメリットがあるとされている。同大学の場合、衣笠やびわこ・くさつ、朱雀など5つのキャンパスのPC教室やフリースペースに計4500台のシンクライアント端末を設置している。

 端末にはプログラミングや解析、画像処理、文書作成など約170種のアプリケーションが利用されている。OSやアプリケーションをサーバで一元管理することで、パッチ適用やソフトの追加更新、カリキュラムの変更に伴うシステム環境の変更など、これまでキャンパスごとに別々に行っていたシステム運用を可能な限りまとめ、総所有コスト(TCO)を削減できるとしている。システム環境は一元管理されており、学生は教室やキャンパスを移動しても、各シンクライアント端末からサーバにアクセスして同一のシステム環境を利用できる。

 今回のシステムでは、サーバとして「Express5800/R120b-1」を20台、シンクライアントとして「Mate MY32B」を4500台導入している。低消費電力性により、年間消費電力量を約50%削減できると見込まれており、従来システムと比べて約50%のCO2を削減できるとしている。

写真 立命館大学のマルチメディアルーム

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]