モバイル端末を不正アプリから防ぐ5つのヒント--マカフィー呼びかけ

吉澤亨史 2011年12月06日 19時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは12月6日、モバイル端末を対象にした不正なアプリのダウンロードを防ぐ有効な5つのヒントを発表した。スマートフォンを狙うモバイルマルウェアの脅威は拡大しており、サイバー犯罪者に改変された悪質なアプリを使用する手法が一般化していることを受けての内容だ。

 発表されたのは(1)マルウェアを知る(2)評価を確認する(3)信頼できる購入先を利用する(4)アクセス許可リストを確認する(5)ウイルス対策ソフトを導入する――という5点だ。

 (1)について、現在はまだ少数であるものの、スマートフォンを狙うマルウェアの存在を知ることが、自分自身とデータを守る第一歩となると説明。(2)はアプリとその提供者の情報を十分に調べ、評価を確認する。幅広く使われているアプリや友人や同僚から勧められたアプリをインストールすることがより安心としている。

 (3)では、Android Marketなど、信頼できる有名なアプリストアから購入することを勧めている。端末のアプリの設定メニューの「提供元不明のアプリ」オプションの選択を解除することで、Android Market以外で提供されているアプリのインストールを防ぐことができる。

 (4)では、アプリをインストールする際、連絡先やカメラ、位置情報など端末のハードウェアやソフトウェアコンポーネントへのアクセスが認められたサービスの許可リストが表示されるのを確認すべきとしている。時計アプリなのに連絡先にアクセスするなど、許可画面に疑わしい表示があった場合には、そのアプリをインストールしないことを提唱している。(5)について、新しいスマートフォンに他のアプリを追加する前に、ウイルス対策ソフトをインストールすることが望ましいとしている。

 McAfee LabsのシニアバイスプレジデントであるVincent Weafer氏は、「悪意を持って改変されたアプリが広がり始めており、何万もの問題のないアプリに対して、200前後の悪意のあるアプリを検出している。サイバー犯罪者による正規のアプリの破壊も一般化しているので、ユーザーは用心し、モバイル端末とアプリを保護する必要がある」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算