編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

IT業務のアウトソーシング--見過ごされがちな10の問題 - (page 3)

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2012-02-03 07:30

#7:優先順位

 これは重要な検討項目だ。あなたの会社は、アウトソーシング企業にとって数ある顧客の1つに過ぎない。では、どういった顧客が優先されるのだろうか?実際のところはどうなのだろうか?最も支払いの良い顧客が真っ先に優先されるはずだ。あなたの会社がそういった顧客でない場合、大口顧客がアウトソーシング企業に対して優先的な対応を求めた時に、あなたの会社は後回しにされることになる。優先的な対応を求めるのであれば、アウトソーシング企業に対して多額の料金を支払うか、自社でIT部門を保有するかのいずれかを選択することになるだろう。

#8:士気

 IT部門の技術者を解雇することで、他の従業員も簡単に解雇されてしまうのではないかと考えるようになる。こういった士気の低下から立ち直るには長い時間がかかるはずだ。また従業員たちは、社内にIT部門がなければ、問題が発生してもすぐに解決されないということを肌で感じるようになる。

#9:一貫性

 一貫性は、上に記した多くの項目を考慮した結果である。IT部門の業務をアウトソーシングした場合、あなたは技術者への指示の転送や、指示系統やセキュリティに関する再教育、自らが決定権を持っていないスケジュールへの対応といったことを日常的に行わなければならなくなる。また、さまざまな技術者が作業に携わるため、その都度異なる解決手法が採用されたり、社内標準などお構いなしの設定がなされたりすることを覚悟しなくてはならなくなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]