工夫してトクする!エンタープライズシステムの簡単節約術10選

Patrick Gray (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年06月02日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エンタープライズインフラストラクチャおよびアプリケーションのサポートは、IT予算の大部分を占めることがある。本記事では、短期のうちにエンタープライズシステムのコストを節約する10の方法を紹介する。

1. 「ゾンビ」システムを撤去する

 使用されていないシステムの撤去を提案することは、当たり前に聞こえるかもしれない。しかしほとんどの企業には、問題なく動作しているものの、数カ月以上にわたって一度も有意義な方法で使用されていないアプリケーションやサーバが存在する。皮肉なことに、データセンターの仮想化によってこうしたゾンビシステムが増えている。なぜなら、システムをまず仮想化して、課題を後回しにしてしまえば、「コストがかからない」ように思えるからだ。しかし、仮想化されたインフラストラクチャでも監視と保守は必要だ。ゾンビシステムを見つけ出して、撤去しよう。

2. 保守をアウトソースする

 IT業界の一部では、アウトソーシングは少し悪い意味合いの言葉になってしまっている。しかし、予算が少なく、職員が多くの仕事を抱える状況では、多くの場合、ITインフラストラクチャのコモディティ化された部分の保守をアウトソースすることは理にかなっている。最も優秀なIT担当者にパッチの適用や新規ユーザー作成のような機械的な作業をさせることは、おそらく彼らの時間の最良の(あるいは最も費用効率の高い)使い方ではない。

3. クラウドを導入する

 クラウドによって事実上、インフラストラクチャとアプリケーション、および保守のあらゆる部分をアウトソースできるようになる。クラウドの導入は複雑で、長期にわたる取り組みになることもあるが、多くの場合は既存のシステムとアプリケーションがクラウドからの配信に対応しており、迅速に移行を完了してコストを節約することが可能だ。

4. ソフトウェアライセンスのコストを確認する

 ソフトウェアライセンシングの価格は日常的に変動する。そして、Software-as-a-Service(SaaS)の価格体系や数多くのソフトウェア新興企業などのさまざまな要因により、、多くの分野でソフトウェアは買い手市場になっている。ベンダーの割引やサブスクリプションモデルへの移行オプションを調べて、既に所有しているソフトウェアのライセンスコストをすぐに削減しよう。より長期的には、ベンダーの切り替えやライセンス数を減らすほかのオプションを検討すると良い。

figure_1
提供:iStockphoto.com/damircudic

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算