編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

工夫してトクする!エンタープライズシステムの簡単節約術10選

Patrick Gray (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-06-02 07:30

 エンタープライズインフラストラクチャおよびアプリケーションのサポートは、IT予算の大部分を占めることがある。本記事では、短期のうちにエンタープライズシステムのコストを節約する10の方法を紹介する。

1. 「ゾンビ」システムを撤去する

 使用されていないシステムの撤去を提案することは、当たり前に聞こえるかもしれない。しかしほとんどの企業には、問題なく動作しているものの、数カ月以上にわたって一度も有意義な方法で使用されていないアプリケーションやサーバが存在する。皮肉なことに、データセンターの仮想化によってこうしたゾンビシステムが増えている。なぜなら、システムをまず仮想化して、課題を後回しにしてしまえば、「コストがかからない」ように思えるからだ。しかし、仮想化されたインフラストラクチャでも監視と保守は必要だ。ゾンビシステムを見つけ出して、撤去しよう。

2. 保守をアウトソースする

 IT業界の一部では、アウトソーシングは少し悪い意味合いの言葉になってしまっている。しかし、予算が少なく、職員が多くの仕事を抱える状況では、多くの場合、ITインフラストラクチャのコモディティ化された部分の保守をアウトソースすることは理にかなっている。最も優秀なIT担当者にパッチの適用や新規ユーザー作成のような機械的な作業をさせることは、おそらく彼らの時間の最良の(あるいは最も費用効率の高い)使い方ではない。

3. クラウドを導入する

 クラウドによって事実上、インフラストラクチャとアプリケーション、および保守のあらゆる部分をアウトソースできるようになる。クラウドの導入は複雑で、長期にわたる取り組みになることもあるが、多くの場合は既存のシステムとアプリケーションがクラウドからの配信に対応しており、迅速に移行を完了してコストを節約することが可能だ。

4. ソフトウェアライセンスのコストを確認する

 ソフトウェアライセンシングの価格は日常的に変動する。そして、Software-as-a-Service(SaaS)の価格体系や数多くのソフトウェア新興企業などのさまざまな要因により、、多くの分野でソフトウェアは買い手市場になっている。ベンダーの割引やサブスクリプションモデルへの移行オプションを調べて、既に所有しているソフトウェアのライセンスコストをすぐに削減しよう。より長期的には、ベンダーの切り替えやライセンス数を減らすほかのオプションを検討すると良い。

figure_1
提供:iStockphoto.com/damircudic

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]