アップルの新しいiPadはPCのアップグレードサイクルを変えるか

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2012年03月21日 15時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 タブレット市場とAppleの次世代「iPad」の進化を考えると、2012年のPCのアップグレードサイクルは、消費者に関しても企業に関しても、注目に値する非常に興味深いものになるはずだ。

 Appleは、高精細ディスプレイや4G接続、その他の特長を備えた次世代iPadを発表した。それに加え、「iPad 2」も399ドルからの価格に設定された。

 最新のiPadに関するさらに興味深いデータは、ある程度ラップトップと競合しているということだ。もしラップトップの代わりにiPad 2でもやっていけるとすれば(これを目にする機会は日に日に多くなっている)、より強力なバージョンが出たことは、大きな影響を及ぼす可能性がある。

 このことは、「Windows 8」発売に伴うPC購入サイクルにどのような影響を与えるだろうか。

 PCはかなり深刻な競合にさらされている。企業ユーザーなら、次のようなことを考えるはずだ。

  • 従業員にラップトップは必要か?
  • 従業員はiPadでやっていけるか?
  • どのくらいの従業員が、自前のデバイスを持ち込んでいるか?
  • デバイスの持ち込みによって、PCにかかる費用を節約できるか?

 「Windows 7」リリース時には、タブレット市場はないも同然だった。今では、タブレットはどこにでも見られ、Appleが市場をコントロールしている一方、多くの競合企業はそれに追いつけないでいる。MicrosoftはWindows 8でPCと連携できるようになるとしているが、その立証責任はMicrosoftにある。

 つまり、今回のサイクルは、これまでのPCアップグレードサイクルとは状況が違っているということだ。Appleは、タブレット市場はPC業界よりも大きくなると主張している。Appleはまた、多くのケースでタブレットがPCの代わりになると言ってはばからない。

 iPadに2つのバージョンができたことで、PCのアップグレードサイクルはより難しい問題になる。企業は実用的なデバイスとして399ドルのiPad 2を採用することもできる。またiPad 3は従業員の個人用端末となり得るだろう。つまり、iPad 2は企業の従業員が使うデバイスになり得るということだ。

 Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏は次のように述べている。

 Appleは、「iPhone」で採用している戦略と同じように、16GバイトのiPad 2について、今後もWi-Fiのみのモデルを399ドルで、3Gモデルを529ドルで提供する。「Kindle Fire」(199ドル)やいくつかの低価格10インチAndroidタブレットの存在を考えると、Appleからの強力な防御策として、iPad 2の価格の引き下げ、および「iPadファミリー」のさらなる低価格化が行われる可能性が高い。さらに、それによって「iPad HD」の売り上げが落ちることも考えにくい。むしろ、急速に成長しているタブレット分野において、Appleが到達できる市場を広げることになるだろう。

 Munster氏は次のように結んでいる。「Appleは今後4年間にiPadの販売台数40%増を達成できる可能性がある。もし2016年にタブレット市場全体が4億5000万台規模になれば、Appleはその半分を占める可能性がある」(Munster氏)

 その場合、その成長の大部分は、企業ユーザーによるものだろう。

 タブレット市場とPC市場が統合されつつあると断言するにはまだ早いが、確かに事態はその方向に向かっているように見える。この現実は、PCのアップグレードサイクルが近いうちに興味深いものになることを意味している。MicrosoftとIntelにとって、PC市場での覇権が脅かされる危険はこれまでになく高まっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算