音沙汰がなくなった「Google Glass」--不安視されるグーグル製ウェアラブルの未来

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年11月21日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ほとんどの人は「Google Glass」や同製品に関する話を何カ月も前から全く耳にしていないはずだ。そのため一部では、2012年に鳴り物入りで発表されたGoogle Glassは今も存在しているのか、このウェアラブルに未来はあるのか、という疑問の声があがっている。

 筆者が自分のGoogle Glass(自分で購入したものだ。考えが甘いと思われても仕方がない)を最後に手に取ったのは、2週間前の週末のことだ。実は引っ越しの際に手に取ったのだが、保護ケースから取り出すことさえしなかった。梱包して、新居に移し、箱から出しただけだ。

 Google Glassはどこへ行ってしまったのか。現状はどうなっているのだろうか。

 Reutersも米国時間11月14日、同じ疑問を呈した。Google Glassのかつての広告塔で、責任者でもあるSergey Brin氏でさえ、同デバイスを着用していない姿を目撃されている(同氏は先ごろ、Google Glassをかけてビーチに出かけたが、メディアイベントでは着用しなかった)。

 混雑したニューヨークシティの地下鉄で同氏がGlassを着用した日々は、遠い昔の出来事になってしまったのか。そうなのかもしれない。

 Google Glassは約1年半前に登場して以来、ずっと放置されてきた。当初はバッテリ持続時間やアプリの不足といった問題を抱え、解決すべき特定のペインポイントもないままテスターや開発者に渡されたにもかかわらず、ウェアラブルテクノロジ分野に割って入った初の主要メインストリーム製品として、大いに賞賛された。

 現在に話を戻そう。今やあらゆる企業とそのパートナー(と競合企業)がウェアラブルデバイスを開発している。現在のウェアラブルの大半は、手首に装着するタイプで、健康とフィットネスの難題を解決しようとしている。クラウドベースのサービスやデータアナリティクスと組み合わせることで、大量の総合的なヘルスケアモニターを自由に利用できるようになる。

 Google Glassは現状では何も成し遂げることができていない。ただ、ヘルスケアや建設といった一部の垂直業界において、自ら現場に行けない人の目と耳になってはいる。

 しかし、課題、方向性、開発者向けのロードマップを明確にし、公にしなければ(近年はこれがほとんどのスマートフォンプラットフォームの原動力になっている)、Google Glassは静かに終わりを迎えることになりそうだ。

 ReutersはGoogle Glass向けアプリケーションを開発していた開発者を対象に調査を実施したが、その後、対象となった開発者の半数以上(16社中9社)が顧客の不足や現状のGlassのさまざまな制約を理由にプロジェクトを中止したという。Google Glassの生みの親で、自動運転車などの次世代技術開発を手がける秘密主義の「Google X」部門の統括者でもあったBabak Parviz氏が、2014年に同社を去って競合のAmazonに移ったとき、警鐘が鳴り響いた。

 Glassプロジェクトは存続できるのか。Googleはできると考えている(当然そうだろう)。

 Google Glassの事業運営を統括するChris O'Neill氏はReutersに対し、Googleは「ウェアラブルと、特にGlassが象徴する機会に、これまでと同様に大変なエネルギーを傾けている」と述べた。

 米ZDNetはGoogleにいくつか質問したが、本稿執筆時点で回答は得られていない。

 もしかすると、今は単に静かな時期というだけで、何も心配することはないのかもしれない。しかし、開発者がいなければ、Google自体のGlass開発も前に進まなくなってしまう。何と言っても、革新とアイデアの半分は開発者によってもたらされるからだ。

 2014年も間もなく終わろうとしている。GoogleのBrin氏は2014年の発売を望んでいたが、それが実現する可能性は限りなく低いだろう。何らかの重要なニュースが届くのは、早くても2015年になりそうだ。

 現状がどうであれ、Google Glassはまだ生きている。しかし(残念ながら)、その未来がどうなるのかは依然として不明だ。

figure_1
提供:ZDNet/CBS Interactive

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化