「Pinterest」を活用して顧客コミュニティを育てるには

David Gitonga (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2012年03月28日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソーシャルメディア界に新たなヒーローが現れた。その名前は「Pinterest」だ。2012年にもっとも成長しているソーシャルネットワークだと考えられているPinterestは、選りすぐられたコンテンツのためのソーシャルネットワークで、興味深く、心を刺激する画像を、大きな「ピンボード」上で整理し、共有することができる。Pinterestでは、写真を投稿し共有する行為は「ピン」(pin、ピンで貼り付ける)と呼ばれる。共有された画像は、その後カスタマイズしたり、「Twitter」や「Facebook」などの他のネットワークで再共有することさえできる。現在、Pinterestのアクセスは招待制だが、それにだまされてはいけない。このサイトの成長率は指数関数的で、大手ブランドのほとんどはすでに製品の写真をピンしており、ファンの持つピンボード上でファンたちと交流している。では、それらのブランドはどのようにPinterestを活用しているのだろうか。

勝利へのピン

 ソーシャルネットワークは関心を獲得するのに向いており、ソーシャルネットワーク上でのコンテストは、企業が持つチャネルに標的となるトラフィックを呼び込むのに必要な種類の関心を作り出す。Pinterestでコンテストを行うときには、Facebookのようなネットワーク上でコンテンツを作成する場合と同様に、自らの市場目標を定義し、創造的に振る舞う必要がある。Pinterestとは要するに画像をピンする場であることから、例えば写真投稿コンテストはうまくいくであろう。投票で一番よい写真を選んだり、コメントしてもらったりすれば、ユーザーを引き付けることができる。ただしこのとき、行うコンテストがサイトのポリシーに反していないこと、そして自社のコミュニティを拡大し、盛り上げる方向に向かっていることは、製品やサービスを売ることよりも重要だ。(自分の会社がどのようにピンされているかを追跡するには、例えばhttp://pinterest.com/source/YOURDOMAIN.com/ というように、URLに会社名を埋め込めばよい)

興味深く、心を刺激する画像

 どのようなオンラインマーケティング戦略でも、ブランドを育て、その個性を目立たせることは重要な側面だ。Pinterestでは、自社のブランドページに投稿する画像は、自社のコミュニティがすでに知っていることの上に積み重なっていく。写真は、ブランドがどういうものであるかを強調するのに生かすことができる。自社のコミュニティに対して、自社の製品やサービスがどのように作られているか、または開発されているかを示すために、舞台裏の写真が使われる場合も多い。そのような人間臭い側面を示すことでコミュニティを非常に興味深く、人の心をつかむものにすることができる。もし、会社が現在のイベントに力を入れているか、料理のレシピを提供しているのであれば、自社のサイトにリンクされている解説画像やレシピ画像を使うといいだろう。派手な画像でより興味を引くことは、自分たちがやっていることを分かりやすい形で見せるにはよい方法だ。

ピンで知恵を集める

 小規模な会社や事業にとっては、提供しようとしている新製品や新サービスが、最初にどんな反応を受けるかを知ることが難しい場合もある。オンラインソーシャルネットワークは、すでに好意的なファンに対して新たな製品やサービスについて発表できるため、この最初の反応について判断するには適した場所だ。Pinterestは絞り込まれたコミュニティを持っており、製品を出す準備ができているかを判断する知恵を集めるのに必要な、理想的なコメントプラットフォームを提供している。

 Pinterestでは、ユーザーが動画やその他のマルチメディアコンテンツをピンすることも可能で、これは企業も同じだ。より多くのブランドがPinterestに参加するにつれ、この比較的新しいソーシャルネットワークを活用し、オンラインコミュニティの成長に役立つ方法も、数多く発見されていくだろう。

 読者はPinterestを使っているだろうか。もし使っているのであれば、自分のピンボードで関心を引くために何をしているだろうか。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]