編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

VDIをオールインワンで--Citrix VDI-in-a-Boxとx86サーバをパッケージ化

田中好伸 (編集部)

2012-06-11 16:56

 エム・ピー・テクノロジーズ(MPT)は6月11日、1ユーザーあたり7万9800円から導入できる仮想デスクトップ基盤(VDI)システム「All-in-one VDI Box」の販売を開始した。

 All-in-one VDI Boxは、シトリックス・システムズ・ジャパンのVDI用仮想アプライアンス「Citrix VDI-in-a-Box」と日本IBMのx86サーバ「IBM System x3650 M3」を採用して、これらをオールインワンパッケージで提供する。50ユーザー399万円のアドバンスモデルと30ユーザー390万円のスタンダードモデルを提供する。どちらのモデルもSystem x3650 M3の3年間のオンサイト修理が含まれる

 アドバンスモデルは1ユーザーあたり7万9800円。VDI-in-a-Boxの同時接続ライセンスが50本。ハイパーバイザ「XenServer Advanced」のライセンス1本と初期構築作業も含まれる。

 スタンダードモデルは1ユーザーあたり12万8300円、VDI-in-a-Boxの同時接続ライセンスが30本。XenServer Advancedのライセンス1本と初期構築費用に加えて、「Windows 2008 Server」ライセンス1本も含まれる。

 アドバンスモデルは冗長構成が可能であり、ユーザー拡張もできる。既存システムを流用したVDIが可能であり、情報システム部門がある中堅中小企業が対象としている。スタンダードモデルは小規模ユーザーに最適とし、VDIを検討している中堅中小企業、部門単位で運用を検討している企業に最適と説明する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]