編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

アデランス、統合基幹システムをOracle EBSで構築--管理業務を本社に集中

田中好伸 (編集部)

2012-06-14 14:20

 オーダーメイドのウィッグなどを提供するアデランスは、統合基幹システムを統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「Oracle E-Business Suite(EBS)」で構築、本格稼働させている。日本オラクルが6月13日に発表した。

 アデランスは2010年に事業会社を統合し、統合による相乗効果の創出が求められていた。アジアや欧米など11カ国の販売拠点とアジアを中心とした2カ国に製造拠点を展開して、グローバルでのビジネス成長を目指している。グループ全体の状況を包括的に把握できる全社最適の仕組みとして、統合基幹システムの構築を2010年9月に決定した。

 導入作業は東洋ビジネスエンジニアリングが担当した。Oracle EBSの標準機能を最大限活用して、プロジェクトの第1段階となる会計と購買のシステムを11カ月で稼働開始させている。その後順次、販売と物流のシステムが稼働し、新統合基幹システムの全社展開が今回、完了している。

 新統合基幹システムは、全社共通の財務会計、購買調達、販売管理、在庫物流管理などの業務を支援し、部門横断的に約250人のユーザーが利用している。新システムの導入で、管理業務が本社に集中し、販売業務を標準化させ、在庫情報の全社的な可視化され、在庫削減などの効果も出ていると説明する。

 アデランスは今後、新システムの情報を有効活用するためのレポートやビジネスインテリジェンス(BI)などの仕組みを強化し、グローバル拠点への展開などを検討していく予定としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]