編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

レッドハット、IaaS基盤「CloudForms」の国内販売を開始

ZDNet Japan Staff

2012-07-31 17:46

 レッドハットは7月31日、IaaS基盤「Red Hat CloudForms」の販売を開始すると発表した。ハイブリッドクラウドを構築、管理するためのプラットフォームで、同社ではオープンなIaaS環境を構築できると強調している。

 レッドハットは、CloudFormsを利用することで、オンプレミスに展開された複数の異なる仮想化やプライベートクラウド、パブリッククラウドを統合し、オープンなハイブリッドクラウドを構築できるとしている。また、既存インフラとの容易な統合を謳っているほか、ベンダロックインを避けることも可能だという。

 対応するクラウド環境は、オンプレミスはRed Hat Enterprise Virtualization、VMware vSphere、パブリッククラウドはAmazon EC2。

 ユーザー部門はセルフサービスポータルを通じて、コンピューティング資源を容易に調達できる。そのため、ビジネスニーズに迅速に対応することが可能だとしている。また、セルフサービス化はガバナンスの強化にもつながるとしている。例えばIT部門がユーザーの要求に対応できない場合、ユーザーは自らパブリッククラウドを利用するケースもあるため、IT部門が直接管理できない環境が発生することになる。同社では、CloudFormsを利用することで、ユーザーからの要求に迅速に対応できるとともに、利用状況の管理などの面でガバナンスを強化できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]