編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ノベル、SUSE Linux上のSAPアプリケーション最適化ソフト新版を提供

田中好伸 (編集部)

2012-10-11 17:50

 ノベルは10月11日、Linuxディストリビューション「SUSE Linux Enterprise Server(SLES)」上でSAPアプリケーションを稼働させるための最適化ソフトウェアの新版となる「SUSE Linux Enterprise Server 11 Service Pack 2 for SAP Applications(SLES11SP2 for SAP)」の提供を開始した。価格は個別見積もり。パートナー企業から提供される。

 SLES for SAPは、OSとSAPアプリケーションを同時にインストールするインストーラを搭載しており、短時間でSAPアプリケーションを展開できるという。SUSEとSAP AGが共同で検証して、SAPアプリケーションの性能を最適化している。SAPのインメモリソフトウェア「SAP HANA」の専用プラットフォームとなっている。

 新版のSLES11SP2 for SAPでは、SLESの最新版となる「SUSE Linux Enterprise Server 11 Service Pack 2」に搭載されるLinuxカーネル3.0による各種の機能拡張をSAPユーザー企業に展開する。最新のハードウェア上で稼働でき、CPUやメモリへの負荷が高いワークロードの信頼性や性能などが向上できると説明する。

 XenやKVMなどのハイパーバイザをサポートして、ネイティブなワークロードを仮想環境やクラウド環境に容易に移行できるという。SAPアプリケーションの可用性を高めるクラスタリング機能「SUSE Linux Enterprise Server High Availability Extention」を標準で搭載している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]