編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

パブリッククラウド、適用領域が多様化--クラウドは“ITによる変革”に価値命題が変化

田中好伸 (編集部)

2012-11-05 13:19

 IDC Japanは11月5日、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表した。2012年の同市場は前年比46.0%増の941億円規模になる見込み。2016年には、2011年の4.7倍になる3027億円になると予測している。

 2012年の国内パブリッククラウドサービス市場は、ベンダーのサービス拡充とユーザーの増加から順調に拡大しているという。適用するシステム領域も多様化が見られ、同市場の成長を促進していると分析している。

 パブリッククラウドサービスが適用されるシステム領域の多様化に伴い、ベンダーのビジネスモデルや成長戦略にも変化が見られると説明。なかでも、高い成長が見込まれるPaaSは、既存ITの効率化から、クラウドを使った企業や事業活動の変革と、ベンダーのサービス開発の加速は、PaaSから「運用管理が付帯したIaaSである“マネージドインフラストラクチャ”と自動化されたミドルウェア環境」へと導いているという。

 PaaSとして期待の高いビッグデータプラットフォームは、業界標準化を反映したコミュニティクラウドサービス、ベンダーの分析ノウハウと処理技術を融合した業務支援サービス(Business Process as a Service:BPaaS)に発展していく。IDCではコミュニティクラウドサービスとBPaaSをパブリッククラウドサービス市場から除外している。

図
2011~2016年の国内パブリッククラウドサービス市場セグメント別売上額予測(出典:IDC Japan)

 前回の4月の市場予測では、2016年の規模を3412億円と予測。今回の予測は下方修正している。これについて同社はクラウドが低迷したのではなく、発展する過程で生じた変化であり、クラウドの成長は加速傾向にあるとみている。

 クラウドはユーザーにとってIT化の重要な選択肢になっていると説明。クラウド化するシステム領域は既存ITだけではないという。クラウドだからこそ実現可能な社会や企業、組織の変革、新しい事業の創造といった試みが活発になっているとしている。同社の松本聡氏(ITサービスリサーチマネージャー)が以下のようにコメントしている。

 「クラウドによる“ITの効率化”は既存IT市場を破壊する。一方で“ITを使った変革”へと価値明大を変換することが、ベンダーとユーザーの事業機会の創出に重要である」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]