編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ソフトバンクグループ、ヴイエムウェアの仮想化技術をスマートフォンに導入へ

田中好伸 (編集部)

2012-11-06 14:57

 米VMwareとソフトバンクグループの2社は11月6日、スマートフォンのセキュリティ分野で提携することを発表した。ソフトバンクテレコムがBYODサービスの提供に向けて無償のトライアルサービスを提供する。

 今回のトライアルサービスは、VMwareのモバイル端末向け仮想化ソフトウェア「VMware Horizon Mobile」で1台のスマートフォン内に通常の物理的なスマートフォン環境とは別に仮想環境を作り出し、それぞれの環境をインターネットアクセス用と企業内システムアクセス用に使い分けられるようにする。

 ソフトバンクモバイルが提供するAndroidスマートフォン「Motorola RAZR M Softbank 201M」を活用する。12月10日~1月末にトライアルサービスの利用を受け付ける。2013年3月末まで利用できる。

 スマートフォンは「VMware Horizon Mobile Manager」でクラウドから管理できる。今後は、Horizon MobileのiOS版の採用も積極的に取り組んでいくとしている。

図
トライアルサービスの利用イメージ

 AndroidやiOSを基盤にしたスマートデバイスの普及は、私物端末の業務利用、いわゆるBYODを加速させており、その流れの中でモバイル端末管理システム(MDM)が注目されるようになっている。

 ただ、企業がBYODを許可したとしても、従業員が私物のモバイル端末をなくした時に「後で見つかったことを考えた時に、企業のデータではなく、画像やテキストなど自分のためのデータまでも即座に消去されることに抵抗がある」として、BYODに対応したMDMの導入に踏み切れないという実情もあると指摘されている。

 Horizon Mobileは、仮想技術をベースに、個人が所有するアプリやデータの環境と企業が所有するシステムやデータを分けることができる。こうした背景があってHorizon Mobileは注目を集めつつある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]