編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

NEC、九州に新データセンター--3月からサービス、OpenFlowでネットワーク制御

田中好伸 (編集部)

2012-11-12 14:35

 NECとNECフィールディングは11月12日、九州地域でのサービス事業を強化するため「NEC九州データセンター(NEC九州DC)」を福岡市内に開設することを決定した。2013年3月からサービスを提供する。

 NEC九州DCは、災害リスクの低い立地であり、大地震でも大きな損傷なく運営継続が可能という。サーバルームは2次元床免震構造を採用。停電時には無給油で72時間給電できる自家発電設備を保有している。

 無停電電源装置(UPS)のほかに「スポットネットワーク受電」方式を採用している。この方式は、常時複数回線の特別高圧配電線から受電し、1つの回線が停止しても、ほかの正常な回線から無停電で受電を継続できるという。電源設備は冗長化されている。

 同データセンターでは、OpenFlowをベースにしたネットワーク制御技術を活用して、ネットワークを統合管理しているため、万一の障害にも迅速に対応できるという。NECグループ内のSEとNECフィールディングの保守要員(CE)が駐在し、連係することで総合的なサポートを提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]