国内通信サービス、FTTHの成長率が鈍化--LTE中心にモバイル通信が普及へ

田中好伸 (編集部) 2013年01月30日 13時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは1月30日、国内通信サービス市場予測を発表した。2012年の同市場の規模は前年比0.7%減の4兆7438億円になる見込みとしている。国内通信サービス市場は、音声サービス、ブロードバンドサービス、法人向けWANサービス、VoIPサービス、IPTVサービスの合計になる。

 2012年の音声サービス市場規模は、前年比7.5%減の1兆8464億円。これは市場全体の4割未満となり、顧客の減少が継続していくと見られている。同年の法人向けWANサービス市場でも、レガシー系の専用線から安価なVPNへの移行が続いており、全体的なARPUの下落傾向も影響し、前年比1.7%減の6693億円の見通し。ブロードバンドサービス市場では、FTTHが引き続き市場をけん引することで、2012年の規模は前年比3.9%増の6564億円になる見込みという。

 通信事業者による今後のFTTHの段階的な値下げやLTEを筆頭とするモバイル通信の普及が想定されることから、FTTHの成長率は今後徐々に鈍化していくと予想している。法人向けモバイルサービス市場でも規模を推計しており、2012年は前年比9.4%増の5416億円とし、今後も成長が見込まれるとしている。同社の鳥巣悠太氏(コミュニケーションズリサーチアナリスト)が以下のようにコメントしている。

 「スマートフォン普及がドライバーとなってモバイル通信のニーズが急速に高まる中、通信事業者はLTEを中心とした高速通信に傾注していく必要がある。その一方で通信キャパシティ補完の観点から、固定インフラでのさらなるオフロード推進が必要であり、モバイルと固定の両輪での戦略が重要になる。加えて、ネットワークオペレーションの効率化や簡素化、ネットワークへの投資対効果を分析する必要が急激に高まっている。またGoogleやAppleのようなプレーヤーを相手にした競争力を高める上でも、通信データ集計や加入者契約情報の管理といった支援システムの改善に力を入れていく必要がある」


2011~2017年の国内法人向けモバイルサービス市場のARPUと売上額予測(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算