IIJ、コンテナ型データセンターを増設--規模を2倍に、ハウジングも提供

田中好伸 (編集部)

2013-02-08 17:09

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は4月から「松江データセンターパーク」の増設工事を始める。現在の2倍の施設規模に拡張する。

 松江データセンターパークは、国内で初めての外気冷却コンテナユニットをベースにした商用データセンターとして2011年4月に開設した。同社のクラウドサービス「IIJ GIOサービス」のファシリティとして活用されている。増設後は、ユーザー企業のハードウェアを預かるハウジングスペースも同施設内に設ける。

 増設するデータセンター施設は今秋以降の稼働を予定。コンテナ設置スペースは現在の24台から48台に拡張し、サービス需要に応じて段階的にコンテナを増設する予定であり、電気設備も現在の2倍の規模に拡張する。

 コンテナモジュールには三相4線式で給電し、変圧回数を減らすことで、配電ロスを低減するという。通常、無停電電源装置(UPS)は三相3線方式で400Vの出力であり、ハードウェアに配電するためには変圧器を設置し、200Vの電圧に変換する必要がある。UPSを三相4線方式で400V/230Vの出力にすることで、変圧器を設置せずにハードウェアに配電できるようになる。

 従来よりも高密度にハードウェアを実装することで、投資コストの低減とスペースの有効活用を推進。1年を通じて外気空調を導入するための検証も進める。

 新設するハウジングスペースは、災害復旧(DR)や事業継続計画(BCP)への対策の一環として、西日本地域にバックアップサイトを構築したいというユーザー企業からの需要に対応する。

 松江データセンターパークの地震リスクを表す予想最大損失(Probable Maximum Loss:PML)は1.2%と低いと説明。ユーザー企業は災害リスクの小さい環境でシステムを構築できる。加えて、IIJ GIOサービスと組み合わせることで、柔軟なITリソースを利用できるとメリットを説明している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]