編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

富士通、情報活用の強化でミドルウェア新版--スマートデバイス利用を拡大、ARも活用

大河原克行

2013-04-24 14:28

 富士通は、スマートフォンやタブレット端末といったスマードデバイスを活用したワークスタイル変革のための情報活用ソフトウェア製品群として、新たに3製品を投入するとともに、既存の5製品を機能強化。4月24日から販売を開始した。

 新たな製品として、オープンインターフェースのモバイルアプリケーションサーバ「FUJITSU Software Interstage Mobile Application Server V1」(プロセッサライセンス価格は125万円から)、最適な情報を表示するために拡張現実(AR)を活用する「FUJITSU Software Interstage AR Processing Server V1」(プロセッサライセンス価格は110万円から)、データを自在に加工して分析、予測する「FUJITSU Software Interstage Business Analytics Modeling Server V1」(プロセッサライセンス価格は350万円から)を投入する。

 Interstage Mobile Application Server V1では、60種類のスマートデバイス向けAPIと、30種類のサーバAPIを用意。APIを利用することで、従来に比べて半分の期間で、業務システムの構築が可能になる。加えて、デバイスの利用場所を認識、それにあわせてアプリケーションとデータを消去し、情報漏洩を防止することができるといった機能も提供している。

 Interstage AR Processing Server V1は、スマートデバイスをかざすだけで作業手順がわかり、現場情報も入力できるといった環境を実現できるという。同ソフトウェアに搭載した30ルクスという暗い環境でも認識できるARマーカー技術や、3次元空間に文字や画像を貼り付けることができる現場オーサリング技術は特許出願中だと説明した。

 富士通の沼津工場では、Interstage AR Processing Server V1を活用し、冷却装置やボイラーなど15種800台の点検作業にタブレットを活用。作業効率化で10%削減、復旧時間を6分の1に削減するなどの効果が出ているという。


現物が映ったタブレットの画面に手順やデータも表示させる

 Interstage Business Analytics Modeling Server V1は、データ収集や分析プロセスを約200種類の部品として提供。部品を組み合わせて分析システムを構築することで、工数は約6分の1にまで削減できるという。

Symfowareの新版も

 機能強化製品としては、スマートデバイスのセキュリティリスクを低減する「FUJITSU Software Systemwalker Desktop Patrol V15」(サーバライセンス価格は25万円から、クライアントライセンス価格は2000円から、プロセッサライセンス価格は110万円から)と「FUJITSU Software Systemwalker Desktop Keeper V15」(サーバライセンスが48万8000円から、クライアントライセンス価格は3000円から)、スマートデバイスとの接続や、遠隔地を結ぶ高速転送ソフトウェア「FUJITSU Software Interstage Information Integrator V11」(プロセッサライセンス価格は150万円から、クライアントライセンス価格は5000円から)、PostgreSQLインターフェースの高性能、高信頼性データベースと位置付ける「FUJITSU Software Symfoware Server V12」(プロセッサライセンス価格は40万円から)、オンデマンド型バッチの処理性能を高速化する「FUJITSU Software Systemwalker Operation Manager V15」(プロセッサライセンス価格は30万円から)を、それぞれラインアップした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]