編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

オープンスタンダードを取り戻せ--IBM、クラウドの構築と管理を自動化するソフト

三浦優子

2013-05-23 10:09

 日本IBMは5月22日、クラウド環境の構築と管理を自動化するためのソフトウェア「IBM SmarterCloud Orchestrator」を発表した。価格は管理対象のプロセッサ1コアあたり8万6835円から。5月24日から販売する。

 IBMでは3月に「IBM SmarterCloud」にオープンスタンダードを全面的に採用することを発表しているが、新製品もオープンソースソフトウェア(OSS)の「OpenStack」やOASISの「TOSCA」といったオープンスタンダードを採用した。

 現状は多くの人手が介在するクラウドサービスの自動化、すぐに利用できる仮想イメージとパターン、パターンや導入手順のナレッジを共有し自動化を実現するといった特長を持っている。短いサイクルでのクラウド活用、再利用、複数の企業でのクラウドシステムの連携や統合、大規模なクラウドサービスのインフラの構築や管理などの悩みを持ったユーザーに最適な製品として販売していく。

 OpenStackは、クラウド基盤(IaaS)を構築、管理するソフトウェア。IaaSを提供するための仮想マシンやストレージ、ネットワークなどを管理する。OpenStack Foundationが推進している。

 TOSCA(Topology and Orchestration Specification for Cloud Applications)は、複数のベンダーによるクラウドアプリケーションとサービスの容易な導入を実現するための標準規格。XML標準化団体であるOASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards)が推進している。2012年1月に技術委員会(Technical Committee:TC)が発足し、この3月にTOSCAの初版が発表された。


日本IBM 専務執行役員 ソフトウェア事業担当 Vivek Mahajan氏

日本IBM ソフトウェア事業 クラウド&スマーター・インフラストラクチャー事業部長 高瀬正子氏

Tivoliの技術力を活用

 IBMではクラウド戦略としてOpenStackやTOSCAといったオープンスタンダードを採用して、ベンダーロックインではないクラウドの実現を標榜している。今回の発表はこのオープンスタンダード戦略とともに、「クラウドを構成する重要な要素の一つである自動化を実現する製品を提供する。一部分ではなく、プロビジョニング、オーケストレーション、監視、分析、DevOpsといったクラウドにまつわるライフサイクル自動化を実装した製品」(専務執行役員 ソフトウェア事業担当 Vivek Mahajan氏)であり、自動化を実現するという。

 新製品のSmarterCloud Orchestratorは、これまでTivoli事業部の名称だった事業部が担当する。同事業部は5月付けでワールドワイドで事業部の名称を「Cloud & Smarter Infrastructure事業部」に変更した。

 「長らくTivoliというブランド名で親しまれてきたが、クラウド時代となりお客様ニーズがシステム管理という領域だけに留まらなくなったことから、Tivoli製品は引き続き担当していくものの、新ソリューションに合わせて事業部名を刷新することとなった」(ソフトウェア事業 クラウド&スマーター・インフラストラクチャー事業部長 高瀬正子氏)。事業部の名称からは名前がなくなったものの、新製品にもTivoliのシステム管理機能が活用されて開発されている。

  • 40%の企業がプライベートクラウドを構築済み

  • IBMのクラウド戦略と今日の発表

  • Tivoli事業部は事業部名称を刷新した

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]