編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Linuxだけじゃない--レッドハットが新事業方針、OpenStackやJBossにも注力

大河原克行

2013-04-24 18:12

 レッドハットは4月24日、同社の2014年度(2013年3月~2014年2月)の事業方針を説明した。同社社長の廣川裕司氏は「2014年度は、日本で市場の2倍のスピードで成長する。Linux市場が10%成長するのであれば、20%伸びるのがレッドハット。オープンソース(OSS)のパワーと、レッドハッドの価値で市場をリードすることになる」と語り、売上高で前年比20%以上の成長に意欲をみせた。成長戦略として、廣川氏は2つのテーマを掲げる。

 ひとつは、“Beyond Linux”とする新規事業の拡大だ。

 ここでは「オープンハイブリッドクラウド」「JBossミドルウェアの大幅シェア拡大」「クラウドやビッグデータを支える最適なストレージの提供拡大」の3点をあげる。


廣川裕司氏

 廣川氏は「新規事業を統括する、製品・ソリューション営業統括本部を発足。さらに、エンタープライズ分野におけるソリューション営業を推進するために20%増員した。Linux以外の事業を成長させる考えであり、そのために組織も変えていく」と述べ、現在、約15%の新規事業領域を、5年後には半分程度にまで引き上げていく考えを示した。

 オープンハイブリッドクラウドの訴求により、クラウド、仮想化、OSSのクラウド基盤管理ソフトウェア「OpenStack」関連製品事業を倍増させる一方、JBossでは事業規模を2倍にするとともに、大幅なシェア拡大を目指す考えを示し「新たな組織を通じて、新規事業を倍増させたい」と語った。

 ふたつめがパートナーとの協業強化だ。

 パートナーにおけるエンジニア育成を徹底的に支援し、これまでの認定資格「Red Hat Certified Engineer」のほかに「プロダクトスペシャリスト」制度を開始。「Partner Developer Program」を通じて「パートナーにおけるエンジニア育成を加速し、国内におけるエンジニアを100倍規模に拡大したい」などとした。

 プロダクトスペシャリストは、全世界で日本が先行して実施したもので、すでに日立製作所やNECが1000人を対象にしたプログラムをスタートし、それぞれ100人規模で認定。富士通でも50人規模のプロダクトスペシャリストを認定している。「すでに300人規模のエンジニアコミュニティができあがっており、今年中には1000人規模になるだろう。3年間で1万人のエンジニアコミュニティを作り上げる」(廣川氏)

 パートナーとの協業強化でメインフレームやUNIX、商用アプリケーションサーバから、LinuxやJBossアプリケーションサーバへの移行を加速させる。NECや富士通、日立製作所、日本ヒューレット・パッカードなど8社が参加するパートナープログラム「JBoss プレミア・ビジネス・パートナー」を通じた展開に加え、3社の「Red Hat Storageパートナー」、NECが加盟している「OpenStackパートナー」を通じた新規事業拡大に取り組む。

 「(ストレージ構築ソフトウェアの)Red Hat Storageパートナーは年内には10社にまで増やしたい。日本は、世界一のメインフレーム、UNIX人口が多い国。Windowsユーザーが47%、Linuxが15%程度。これに対して、米国ではWindowsが50%、Linuxが40%となっている。眠れるメインフレームやUNIXのシステムをコンバージョンするビジネスチャンスがある」(廣川氏)


2013年度の概要

 2009年6月に世界に先駆けて設立した、エンタープライズ向けOSS初のユーザー会である「レッドハットエンタープライズユーザー会(REUG)」には設立当初の3倍以上となる300人が参加した。ユーザー間の交流が活発化し、2012年は大阪でもユーザー会を開催したことにも触れた。

 「2011年は311人のお客様、パートナーの役員に会った。2012年は461人と会った。そこでビジネスにおける優先事項は何か、それを実現するテクノロジは何かを聞いている。お客様は事業成長と新規顧客獲得、コスト削減や効率アップを課題としている。レッドハットが提供する価値は、OSSによる選択の自由と、スピード、イノベーション、コスト削減であり、インダストリーソリューション、ビジネスソリューション、インフラソリューションの3つのソリューション群を提供していくことになる」(廣川氏)

 インフラソリューションでは、アプリケーションサーバ「JBoss Enterprise Application Platform(EAP)」やスケールアウト型のNoSQLデータストア「JBoss Data Grid」、Red Hat Storageなどでオープンクラウド基盤、仮想化、IT基盤の標準化などを加速させる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]