編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

岡山市、基幹業務システムにクラウド採用--国民健康保険や国民年金など

田中好伸 (編集部)

2013-06-17 17:58

 岡山市は次期国民健康保険(国保)システムと国民年金システム、共通基盤システムにクラウドを採用する。構築や保守などを受託する日立製作所が6月17日に発表した。システムは庁外のデータセンターに設置され、職員は庁内から利用するプライベートクラウド型になる。

 国保システムは2014年1月から、国民年金システムは2015年11月から稼働する。共通基盤システムは第1次稼働が2014年1月から、第2次稼働が2015年11月からの予定となっている。国民健康保険システムと国民年金システムは、日立が開発、提供する住民情報システム「コミュニティパートナー/AD」を適用する。

 同氏は人口約71万人の政令指定都市。基幹業務システムをシステムと業務の両面から全体最適の視点で見直し、市民サービスの向上、事務処理の効率化、運用コストの削減などを実現するために、基幹業務システム最適化事業を推進していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]