編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

ポストPCの世界にLinuxの居場所はあるのか?

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2013-07-19 07:30

 Linuxの熱烈な愛好家たちは10年以上前から「Linuxデスクトップの年がやってくる!」と息巻いてきたものの、このOSがデスクトップPCやノートPCの世界に大きな影響を与えるまでには至っていない。

 しかも今やPCの時代そのものが勢いを失ってきており、スマートフォンやタブレットといったポストPCデバイスが脚光を浴びつつある。こういった流れのなかで、オープンソースのOSに居場所はあるのだろうか?


 Linuxは今までの長い歴史のなかで、数々のチャンスを棒に振ってきている。「Windows」が波に乗っていた間は、好景気のPC市場に参入する機会はほとんどなかったものの、Microsoftは「Windows Vista」の不振に悩まされたり、「Windows 8」によるタッチ中心のコンピューティングへの移行でユーザーの心を捉え切れなかったりと、OS関係で何度かつまづいている。こういった機会が訪れるたびにLinuxは真のライバルとしての地位にステップアップできたはずであり、Linuxの愛好家の応援の声も結構あったものの、流れを変えるまでには至らなかった。実際のところ、この5年半で同プラットフォームの市場シェアは1%弱から1%強にしか増えていない

 どうひいき目に見ても、その歩みは遅い。もうこのプラットフォームはあきらめて、忘れ去る時が来たのだろうか?

 しかし筆者はまだLinuxのことをあきらめてはいない。

 最初に述べておきたいことであるが、Linuxは膨大な数に上る「Android」機器のカーネルとして採用されているという点で、至るところに存在している。ほとんどのユーザーはLinuxというものを意識していないかもしれないが、数多くの愛好家と企業による努力がなければ、Androidが今日のように普及しなかったはずだ。Linuxが存在しなければ、Androidも存在していなかったかもしれず、膨大な出荷台数でIT業界をけん引していたPCの需要も失速しなかったかもしれない。

 このためLinuxはある意味において、デスクトップOSをめぐる戦いでMicrosoftと直接対決せずに、間接的にPC業界を揺るがせたと言えるだろう。

 しかし、筆者はLinuxがPCのライバルになり得ないと述べているわけでもない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]