ポストPCの世界にLinuxの居場所はあるのか?

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2013年07月19日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linuxの熱烈な愛好家たちは10年以上前から「Linuxデスクトップの年がやってくる!」と息巻いてきたものの、このOSがデスクトップPCやノートPCの世界に大きな影響を与えるまでには至っていない。

 しかも今やPCの時代そのものが勢いを失ってきており、スマートフォンやタブレットといったポストPCデバイスが脚光を浴びつつある。こういった流れのなかで、オープンソースのOSに居場所はあるのだろうか?


 Linuxは今までの長い歴史のなかで、数々のチャンスを棒に振ってきている。「Windows」が波に乗っていた間は、好景気のPC市場に参入する機会はほとんどなかったものの、Microsoftは「Windows Vista」の不振に悩まされたり、「Windows 8」によるタッチ中心のコンピューティングへの移行でユーザーの心を捉え切れなかったりと、OS関係で何度かつまづいている。こういった機会が訪れるたびにLinuxは真のライバルとしての地位にステップアップできたはずであり、Linuxの愛好家の応援の声も結構あったものの、流れを変えるまでには至らなかった。実際のところ、この5年半で同プラットフォームの市場シェアは1%弱から1%強にしか増えていない

 どうひいき目に見ても、その歩みは遅い。もうこのプラットフォームはあきらめて、忘れ去る時が来たのだろうか?

 しかし筆者はまだLinuxのことをあきらめてはいない。

 最初に述べておきたいことであるが、Linuxは膨大な数に上る「Android」機器のカーネルとして採用されているという点で、至るところに存在している。ほとんどのユーザーはLinuxというものを意識していないかもしれないが、数多くの愛好家と企業による努力がなければ、Androidが今日のように普及しなかったはずだ。Linuxが存在しなければ、Androidも存在していなかったかもしれず、膨大な出荷台数でIT業界をけん引していたPCの需要も失速しなかったかもしれない。

 このためLinuxはある意味において、デスクトップOSをめぐる戦いでMicrosoftと直接対決せずに、間接的にPC業界を揺るがせたと言えるだろう。

 しかし、筆者はLinuxがPCのライバルになり得ないと述べているわけでもない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算