編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

2013年の国内IT市場はマイナス成長か--IDC予測

山田竜司 (編集部)

2013-07-29 15:01

 IDC Japanは7月29日、2013年1~3月の実績、景気動向などから、2013年~2017年の国内製品別IT市場予測を発表した。ITハードウェア市場の落ち込みが要因となり、マイナス成長になると予測している。

 これによると、2013年の国内IT市場規模は、13兆7525億円であり、前年比成長率は0.9%減と予測する。製品分野別での2013年の市場規模と前年比成長率は、国内ハードウェア市場が5.0%減の6兆2242億円、国内ITサービス市場規模は1.9%増の5兆309億円、国内パッケージソフトウェア市場は4.3%増の2兆4974億円と予測した。


国内製品別IT市場実績と予測: 2012年~2017年(2012年は実績値、2013年以降は予測)

 また、国内IT市場に国内通信サービス市場を加えた国内ICT市場の2013年の市場規模は25兆1680億円、前年度成長率はマイナス0.1%とした。

 IDCは2013年の国内IT市場がマイナス成長と予測する要因として「2012年のIT市場がスマートフォーンブームなどにより高成長だったことの反動減や、コンシューマー向けPC市場の落ち込みなどが挙げられる」と説明している。

 同社は国内IT市場における2012~2017年のCAGR(Compound Annual Growth Rate:年間平均成長率)は0.1%減であり、国内ICT市場のCAGRは0.5%減と予測する。この結果、2017年の国内IT市場規模は13兆9173億円、国内ICT市場規模は24兆6221億円とした。

 IDCは「ITベンダーは、今後のクラウド化の進展やスマートモバイルデバイス関連市場の拡大がもたらすICT市場の変化に対応するべき」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]