編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

モバイルユーザーほど「紙に書き込みたい」「顧客への提案は紙で」--IDC調査

山田竜司 (編集部)

2013-08-01 17:58

 IDC Japanは8月1日、国内において、モバイルの普及がオフィスでのプリント環境や印刷枚数に与える影響についての調査結果を発表した。モバイルデバイスを仕事で使うユーザー(モバイルユーザー)は、PCのみを仕事で使うユーザーと比べ、「印刷した紙に書き込みがしたい」「顧客提案には紙を利用する」などの特徴があるという結果が出た。


デジタル情報をプリントする理由

 同調査においてモバイルユーザーは、印刷ページのボリューム、カラー比率共にPCのみを使用しているユーザーより高い傾向にあるという結果だったという。「モバイルユーザーの方が活発なビジネス活動を行っていることが主な理由であると考えられるが、モバイル機器の利用が直接的にページボリューム減少につながるわけではない」とIDCは説明している。

 「デジタル情報をプリントする理由」の項目では、PCのみのユーザーと比べ、モバイルユーザーの回答が特に集まったのは「紙に書き込みがしたい」(4割弱)、「顧客訪問時に情報を提示する」(3割弱)、「顧客に後で参照してもらう」(2割強)があった。「紙に書き込みがしたい」は、PCのみを仕事で使うユーザーと比べて2倍弱、「顧客に後で参照してもらう」は3倍強、「顧客に後で参照してもらう」では2倍強の差がある。

 それでも、IDCは「将来のオフィスでの印刷ページ数は、モバイル機器の影響や高解像度ディスプレイの普及や環境意識といった複合的な要因により、緩やかな減少傾向を見せるだろう」と分析している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]