編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

電機大手決算を読む:過去の業績が足かせ--“追い風”にのって成長戦略を描けるか

大河原克行

2013-08-27 16:01

 電機大手8社の2013年度第1四半期(4~6月)をまとめて見てきた。前回と今回は各社を個別に見る。

 前回は日立製作所、パナソニック、ソニー、東芝をまとめた。今回は富士通、三菱電機、NEC、シャープの業績を見てみよう。


(各社資料をもとに作成)

産業などの分野で受注が計画上回る富士通

 富士通は、売上高が前年同期比4.4%増の9992億円、営業損失は前年同期から39億円改善したものの228億円の赤字、経常損失は前年同期から81億円改善したが187億円の赤字、当期純損失は前年同期から35億円改善したが219億円の赤字となった。

 為替が大きく影響した海外の売上高は前年同期比22.8%増の4154億円と大きく伸長。これに対して、国内の売上高は同5.7%減と前年実績を割り込んだ。


富士通 取締役 執行役員 専務 加藤和彦氏

 「海外は為替を除くと3%の増収にとどまる。一方で国内は携帯電話やPCなどのハードウェア製品を中心に減収になった」(富士通 取締役執行役員専務 加藤和彦氏)と総括する。

 売上高への為替影響は約650億円。これがなければ減収となっていた計算だ。収益では、改善傾向にはあるものの、赤字脱却が遅れている状況にある。

 だが、「構造改革効果が、半導体ビジネスは第2四半期(7~9月)以降、欧州ビジネスでは第3四半期(10~12月)から貢献することになる」(加藤氏)と回復への道筋を歩んでいることを強調する。

 テクノロジーソリューションではUNIXサーバの新製品の立ち上げが遅れていること、ユビキタスソリューションでは個人向けPCの市場縮小や収益重視の方針へシフトしたことによる欧州でのPC販売の減少、円安によるPCの部材コストの上昇、携帯電話の販売減少が影響したという。

 その一方で「ソリューション/SIでは、産業や金融、公共の分野で好調な受注が継続。受注も2桁増のペースで伸びており、計画を上回っている」(加藤氏)と明るい兆しも見られている。

円安で全セグメントが増収の三菱電機

 三菱電機は、売上高が前年同期比6.7%増の8348億円、営業利益は同26.6%減の341億円、税引前四半期純利益が同11.3%減の426億円、当期純利益が同16.4%減の254億円となった。

 日米での景気が底堅く推移したこと、為替が円安基調で推移したことですべてのセグメントで増収。円安による売上高へのプラス影響は約670億円だったという。だが、重電システムや産業メカトロニクス、情報通信システムで減益となったことで、全体では減益決算となった。

 情報通信システムでは、売上高が前年同期比10%増の1037億円、営業損失は16億円悪化の9億円の赤字。通信事業は通信インフラ機器の需要増加、電子システム事業も電子事業が増加したことが増収に貢献したが、情報システムサービス事業は前年並みの実績にとどまったという。

 家庭電器は売上高が前年同期比6%増の2185億円、営業利益が7億円減の122億円の増収減益。国内向け太陽光発電システムやルームエアコン、北米とアジア向け空調機器の販売が好調だったという。

営業利益1000億円を目指すNEC

 NECは、売上高は前年同期比1.4%増の6401億円、営業損益は前年同期から139億円悪化の218億円の赤字、経常損失は160億円悪化の281億円の赤字、当期純損失は36億円悪化の214億円の赤字となった。

 セグメント別業績は、パブリック分野の売上高が前年同期比10.1%増の1266億円、営業利益が3億円増の4億円。官公庁や公共向け事業が堅調に推移したことが増収要因となった。エンタープライズは、売上高は前年同期比17.4%増の587億円、営業損失は2億円改善したものの24億円の赤字が残った。

 流通・サービス業向けが順調に推移し売り上げが増加したという。テレコムキャリアは前年同期比0.7%減の1540億円、営業利益は71億円悪化し56億円。システムプラットフォームは、売上高が前年同期比3.3%減の1577億円、営業損失は48億円悪化し66億円の赤字となった。「システムプラットフォームは、前年に大型案件があったために減収。売り上げ減が収益の悪化につながった」(NEC 取締役 執行役員兼最高財務責任者=CFO 川島勇氏)という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]